股関節形成術を受けた患者の血液流動性に及ぼす術後患者管理鎮痛の影響

・研究の目的は、患者管理鎮痛(PCA)が股関節形成術を受けた患者の血液流動性の改善に寄与するという仮説を検証することであった。 ・脊椎麻酔下に股関節形成術を受けた年齢 60〜75 歳の 120 人の患者を、無作為に PCA 群(n=60)と対照群(n=60)に分けた。PCA 群の患者は、術後 3 日間 PCA を受けた。正中肘静脈…
コメント:0

続きを読むread more

同種輸血と外科的肝癌切除後再発との関連

・同種輸血が肝細胞癌切除後の生存または癌再発に影響するかどうかについては、矛盾するエビデンスがある。 ・著者らは、中央値(IQR[範囲])45(21-78[0-162])ヵ月間にわたって、肝細胞切除を受けた 1469 人の患者を追跡し、そのうち 626 人(43%)が手術後 7 日以内に輸血を受けた。無病生存と患者生存の両方を、比…
コメント:0

続きを読むread more