小児集団における術後咽喉頭痛の発生率に関する前向き観察コホート研究

・術後咽喉頭痛は全身麻酔後によく見られる。小児麻酔での発生率はさまざまであり、病因は不明である。危険因子を確立することにより、予防が可能になり、ケアの質が向上する。著者らは、気管チューブまたはラリンジアルマスクで GA を受ける小児の術後咽頭痛の発生率を確立することを目的として、前向き単施設コホート研究を実施した。副次的な目的は、咽喉頭…
コメント:0

続きを読むread more

低用量 vs 高用量の術中オピオイド:メタ分析と試験逐次分析を伴う系統的レビュー

・オピオイド誘発性痛覚過敏はオピオイド投与に続発する侵害受容感作の状態である。このメタ分析の目的は、全身麻酔下の患者の低用量レジメンと比較した場合、高用量の術中オピオイドが術後疼痛と痛覚過敏の増加の一因となるという仮説を検証することであった。 ・系統的レビューとメタ分析声明のガイドラインの優先報告項目(PRISMA)に従って、GR…
コメント:0

続きを読むread more