婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定

・婦人科腹腔鏡検査後の痛みは軽微であると想定されているが、多くの女性は麻酔回復室(PACU)で術後の予期しない痛みに苦しんでいる。これらの患者を事前に特定することは、効果的な鎮痛にとって重要である。そこで、婦人科腹腔鏡検査後の術後急性疼痛の予測因子を調査しようとした。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける 280 人の患者のデータを分析した…
コメント:0

続きを読むread more

意識のある術後患者の代理疼痛尺度としての Surgical Pleth Index とAnalgesia Noci…

・代理疼痛尺度として Surgical Pleth Index(SPI)と Analgesia Nociception Index 鎮痛侵害受容インデックス(ANI)の性能を評価し、意識のある術後患者の疼痛を検出するためのそれぞれのカットオフ値を調査した。 ・合計で、192 人の待機的手術後患者が登録された。ベースライン SPI …
コメント:0

続きを読むread more