腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるスガマデクス vsピリドスチグミン/グリコピロレートによる筋弛緩の拮抗:術後の消化管運動…

・アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(例、臭化ピリドスチグミン)は、全身麻酔(GA)で手術を受ける患者の筋弛緩(NMB)の拮抗に使用される。抗コリン薬(例えば、グリコピロレート)の併用は、コリン作動性副作用を減少させるが、腸蠕動を妨げる可能性がある。スガマデクスにはコリン作用はない。その使用は、ピリドスチグミン/グリコピロレートと比較して…
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスの使用および関連費用の削減に及ぼす認知支援の効果:時系列分析

・著者らは、自施設へのスガマデクス導入後、医薬品コストが増加することを観察した。 スガマデクスの使用を減らす要請があった後、著者らは、拮抗薬を選択するのに役立つ認知支援を提示した。本研究の目的は、認知支援の提示後にスガマデクスの使用が変化したかどうかを調査することであった。著者の仮説は、スガマデクスの使用とそれに関連するコストが減少する…
コメント:0

続きを読むread more