麻酔導入時の上部食道閉塞に及ぼす輪状軟骨と傍喉頭部圧迫の効果:無作為化交差試験

・本研究の目的は、麻酔導入時の食道入口部閉塞に及ぼす輪状軟骨と傍喉頭部圧迫の有効性を評価することであった。 ・74 人の患者が本無作為化交差研究に含まれた。声門の相対位置と上部食道入口部の外側前後径は、ベースライン時点と、輪状軟骨と傍喉頭部に 30 N の圧迫を加えた後、麻酔導入後に評価した。輪状軟骨と傍喉頭部の圧迫による食道入口…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下で手術を受けた非産科患者の腰痛の発生率と要因:前向き 1 年追跡調査

・研究の目的は、非産科手術を受けた患者の脊椎麻酔後(SPA)腰痛(LBP)の発生率と関与する要因を調査することであった。 ・1 年間の前向き追跡研究で、SPA を使用した非産科手術を受けた患者が含まれた。患者は SPA 後、術後 1 週間は毎日、1週間、1 ヵ月は週 1 回、その後、1年間は 1 ヵ月に1回、電話とインタビューで追…
コメント:0

続きを読むread more