大手術後の麻酔深度と合併症:国際的な無作為化比較試験

・麻酔深度の増加と術後生存の減少との関連性は、観察研究で示されている。ただし、無作為化比較試験からのエビデンスは不足している。著者らの目的は、大手術を受け、浅いまたは深い全身麻酔に無作為に割り当てられた高齢患者の 1 年全死因死亡を比較することであった。 ・国際的試験では、年齢 60 歳以上で、有意な併存疾患があり、手術所要時間が…
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患小児の血行動態と死亡率に及ぼすケタミン持続注入の効果

・著者らは、重症疾患小児患者で、ケタミン持続注入が血行動態と死亡率に及ぼす影響を調査した。三次小児集中治療室(PICU)で後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2015 年から 2017 年まで 24 時間以上、持続的に鎮静剤を使用した患者が含まれた。持続ケタミンの開始前と開始後の 12 時間の血圧、心拍数、呼吸数、血管作動薬、鎮静…
コメント:0

続きを読むread more