区域または全身麻酔後の乳癌の再発:無作為化比較試験

・癌手術時に、周術期の 3 つの要因が、再発に対する宿主の防御を損なう:外科的ストレス反応、揮発性麻酔薬の使用、鎮痛のためのオピオイド。全ての要因は、区域麻酔/鎮痛により改善される。根治可能性のある乳癌の術後再発は、揮発性麻酔薬セボフルランとオピオイド鎮痛による全身麻酔よりも、傍脊椎ブロックと麻酔薬プロポフォールを使用した区域麻酔/鎮痛…
コメント:0

続きを読むread more

手術予定に上がった時に無料のニコチンパッチを提供された待機的手術患者の禁煙:予備研究

・無料のニコチンパッチは、術前の禁煙を促進する可能性がある。 ・非緊急手術を待っている喫煙者(1 日 10 本以上のタバコ)は、無料のニコチンパッチの提供または無料のニコチンパッチを提供されなかった対照群に無作為に割り当てられた(3:1)。推奨レジメンは 5 週間続き、3 週間と 4 週間後にパッチ強度を徐々に低下させた。主要転帰…
コメント:0

続きを読むread more