腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で経鼻胃管を併用した Classic ラリンジアルマスクとプロシール・ラリンジアルマスクの比較

経鼻胃管.png・インドでは、腹腔鏡下胆嚢摘出術に際しては、通常診療として声門上器具が使用されている。声門上器具を繰り返し使用すると、誤動作(カフの逸脱、不適切なシール)や感染症伝播のリスクが生じる。 Proseal LMA は、一般的に、経済的な要因により洗浄後に何度も使用される。著者らは、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者で、経鼻胃管を併用した C-LMA と P-LMA 留置後に、リーク率と胃逆流の発生率を比較するために本研究を計画した。

・全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける ASA-I/II の 60 人の成人患者を同数 2 群に無作為に割り当てて、経鼻胃管を併用した C-LMA か、または P-LMA を挿入した。声門上器具の使用に関して禁忌のある患者は除外された。リーク率、気道内圧、挿入の容易さ、胃逆流の発生率、術後咽頭痛を比較した。

・全患者は両群で正常に換気された。両群でリーク率と逆流の発生率に有意差を認めなかった。

P-LMA と経鼻胃管を併用した C-LMA は、腹腔鏡下胆嚢摘出術に際して同等に有効な換気器具である。経鼻胃管を併用した C-LMA は術後でも胃ドレナージに役立ち、はるかに安価であるため、P-LMA よりも腹腔鏡下胆嚢摘出術の経済的な器具である。

そうか〜、クラシック・ラリマは、経鼻胃管が使用できない思いこんでいたが、経鼻胃管を挿入してから、ラリマを挿入すればいいんだ。プロシールでは、ラリマ挿入後に入れるから順番が逆になるだけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント