■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/11/05

MCQ2.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (m_______) (r________) (s___________) : 磁気共鳴分光法

(2) (b___) (s______) : 体表

(3) (s_________) (p_______) : 準大気圧

(4) (s_______) (p___________) : 感知性発汗

(5) (g______) (a_________) : 全身麻酔


[解答]
(1)magnetic resonance spectroscopy(2)body surface
(3)subambient pressure(4)sensible perspiration
(5)general anesthesia


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(心臓・血管) 経胸壁心エコー法について正しいものはどれか。

ア:成人には小児よりも高周波数の探触子が使用される。

イ:周波数が高いほど、減衰しにくい。

ウ:アメリカ心エコー図学会(ASE)は左室壁を12分画に分けて壁運動を評価するよう推奨している。

エ:基本断層像として、探触子を第5肋間の胸骨左縁からアプローチする像が一般的である。

オ:心尖部長軸像は、ドプラ法にて左室流入波形や狭窄部血流の観察に適する。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 経胸壁心エコー法で使用される探触子は、成人では中心周波数2.5〜3.5MHz,小児では5.0〜7.5MHzがおもに使用される.周波数が高いほど、音波は熱に変わりやすく、より速く減衰する。基本断層像としては、探触子を第3,4肋間の胸骨左縁からアプローチした胸骨左縁長軸像(parasternal long-axis view)、ここから90°時計回りに探触子を回転させた胸骨左縁短軸像(parasternal short-axis view)が一般的である。左室壁運動評価にはアメリカ心エコー図学会(ASE)が推奨する左室壁を16分画する表示を用いる。壁の厚さの変化や壁エコーの性状,および心膜の動きに注目する。心尖部長軸像(apical long-axis view of the left ventricle)は、胸骨左縁長軸像ではアプローチできない心尖部を含めた左室長軸像で,前壁中隔,後壁の虚血性心疾患の診断に用いられ,またドプラ法にて左室流入波形や狭窄部血流の観察に適する。


[正解] (オ) [出典]


【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p100

(換気)『マスク麻酔下の開腹術時の胃内容逆流』

子宮外妊娠による急性腹症に対する緊急開腹術に際し、問診で飲食中に腹痛が起きたとのことから胃内容の逆流の危険性があるため、マスク麻酔より気管内挿管の方が安全である旨を先輩医師に進言したが、受入れられずGOエーテルのマスク麻酔が行われた。術中腹膜が開いた頃にマスク内部に嘔吐を認め、口腔内・鼻腔内に飯粒が溢れ出してきた。みるみるチアノーゼが出現、吐物の掻き出し、気管内挿管、気管内吸引と洗浄を行った。幸い誤嚥は少なく無事手術終了、術後の経過も順調であった。フルストマックでマスク麻酔は危険、脊椎麻酔か意識下挿管による吸入麻酔にすべきであった。









【問題3】(呼吸) 混合静脈血の二酸化炭素分圧はどれくらいか?
1) 42mmHg
4) 44mmHg
2) 40mmHg
5) 48mmHg
3) 46mmHg


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 動脈血の二酸化炭素分圧=40mmHg、混合静脈血の二酸化炭素分圧=46mmHg


[正解] 3 [出典] クリティカル記憶術1P132

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント