超音波検査で評価された婦人科手術中の無気肺に及ぼす呼気終末陽圧/リクルートメント手技と、呼気終末圧ゼロの効果との比…

・全身麻酔中に、ほとんどの患者は無気肺を発症し、これは術後の肺合併症を促進する。周術期の肺保護を調査した RCT は、術後の肺合併症を一貫して減らすことができなかった。超音波画像診断は、さまざまな保護換気戦略の効果を確認するのに役立つ可能性があるが、これは試験で検証されていない。本研究の目的は、超音波検査を使用して、肺保護換気対策が周術…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の心筋傷害の発生に及ぼす揮発性麻酔と完全静脈麻酔の効果

・揮発性麻酔薬と完全静脈麻酔(TIVA)の心保護効果は、特に非心臓手術を受ける患者では議論の余地がある。現世代の高感度心臓トロポニン(hs-cTn)を使用して、非心臓手術後の心筋傷害(MINS)の発生に及ぼす麻酔薬の効果を評価することを目指した。 ・2010 年 2 月から 2016 年 12 月にかけて、術前 hs-cTn 上昇…
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔におけるケタミンとリドカインの併用の効果

・著者らは、補助的なリドカインがケタミンで鎮静された小児患者で副作用の発生率を減少させるかどうかを調査するために、無作為化臨床試験を実施した。 ・この症例対照研究は、麻酔を必要とする 586 人の連続した小児患者を対象とした。収縮期血圧、心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパ…
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内血行再建術を受ける小児の最適な人工呼吸器設定を決定する方程式の導出と検証:単施設後向き研究

・もやもや病に対する手術に際し、特に麻酔導入直後に、全身麻酔を受ける小児の正常炭酸ガスを維持するための適切な人工呼吸器の設定を決めるのは困難である。著者らは、適切な人工呼吸器の設定を予測するための方程式を導き、この方程式の精度を検証するために、本研究を実施した。 ・当院でモヤモヤ病の脳血管再生を受けた年齢 18 歳未満の小児患者 …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の硬膜穿刺後頭痛を評価する無作為化研究:正中法と傍正中法との比較

・帝王切開に際してのの最も一般的な麻酔法は脊椎麻酔であるが、その最もよく見られる合併症は硬膜穿刺後頭痛(PDPH)である。著者らは、帝王切開を受けた患者の PDPH に及ぼす脊椎麻酔中の正中法と傍正中法アプローチの効果を調査することを目的とした。 ・年齢 19〜45 歳の 200 人の妊婦、脊椎麻酔下で待機的帝王切開を受ける予定の…
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩のためのロクロニウム持続注入:系統的レビューとメタ分析

・ロクロニウムは、拮抗剤スガマデクスとの結合関係により、使用が増加している筋弛緩薬である。その持続注入は、より深いレベルの筋弛緩(NMB)の維持に役立ち、毎日の外科麻酔の改善された安定した解決策を保証する。これは、高度の筋弛緩(PTC 0-2)のためにロクロニウム持続注入を使用する場合の、ロクロニウム注入に関する現在のアプローチと、モニ…
コメント:0

続きを読むread more

末期腎疾患の手術患者に対するスガマデクスの短期的な安全性と有効性:2 施設後向き研究

・スガマデクスは、アミノステロイド系筋弛緩薬、特にロクロニウムの新しい拮抗剤である。腎排泄を考えると、スガマデクスは末期腎疾患の患者には推奨されない。ただし、この患者群での使用に関する報告がある。この 2 施設の後ろ向き観察研究は、術前腎代替療法を必要とした末期腎疾患の手術患者におけるスガマデクスの安全性属性と有効性をレビューすることを…
コメント:0

続きを読むread more

小児気管挿管におけるビデオ vs 直接および強化直接喉頭鏡検査

・初回の挿管成功に関して、小児の文献は、ビデオ喉頭鏡検査(VL)と比較した場合、直接喉頭鏡検査(DL)の臨床的等価性または優位性を示している。さらに、最適外部喉頭操作(OELM)、直立またはランプ体位、ブジーの使用などの操作によって DL が「強化」された場合、VL が DL とどのように比較されるかは不明である。本研究の目的は、小児挿…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の初心者レジデントが行う脊椎麻酔のための術前超音波 vs ランドマーク法:無作為化比較試験

・正中アプローチを使用した脊椎麻酔は、高齢患者集団では技術的に困難かもしれない。術前の超音波(US)ガイド下傍正中法と術前の US ガイド下正中線法は、高齢患者で従来のランドマークガイド下正中法と比較した場合、初回試行で脊椎麻酔の成功率が異なるという仮説を立てた。 ・本前向き無作為化対照研究では、待機手術を予定している 180 人…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折に対する術前大腿神経ブロック:メタ分析を伴う系統的レビュー

・股関節骨折患者の術前疼痛管理は複雑である。大腿神経ブロック(FNB)は股関節骨折に使用され、痛みと全身的鎮痛の需要を軽減する。本研究の目的は、股関節骨折患者に対する単回施行の FNB の有効性を体系的に調査することであった。 ・5 つのデータベースを創始から 2019 年 5 月 8 日まで検索した。股関節骨折患者の疼痛緩和を評…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後鎮痛に及ぼす術中リドカイン vs エスモロール注入の効果:無作為化臨床試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術のマルチモーダル鎮痛の一環として、術中リドカインとエスモロールの両方が術後鎮痛を促進する。著者らの目的は、術中オピオイドの使用に挑戦するこれら 2 つの新たな戦略を比較することであった。腹腔鏡下胆嚢摘出術後のオピオイド消費に及ぼす術中エスモロール注入がリドカイン注入よりも劣っていないかどうかを評価することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

分娩に際しての脊髄硬膜外併用鎮痛におけるオピオイドの有害副作用と投与経路:無作為化試験のメタ分析

・研究は、陣痛と分娩に際して、標準的な硬膜外鎮痛よりも脊髄硬膜外併用鎮痛が提供される場合の方が、母体と胎児の有害副作用のリスクが増加することを報告している。脊髄硬膜外併用鎮痛において局所麻酔とともに使用されるクモ膜下オピオイドが原因の可能性がある。これは、局所麻酔薬へのオピオイドの添加が、くも膜下腔内のみによるのか、くも膜下腔と硬膜外腔…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その59:美しいハムエッグ

我が家の朝食のおかずの定番は、ベーコンエッグなのだが、ベーコンをきらしてしまっている場合には、ベーコンの代わりにハムを使用して、ハムエッグにすることもしばしばだ。 ベーコンエッグを作る時と同じように、ハムエッグを作る時にも、卵がうまくハムの上に重なってくれないことがある。そこで、「美しいベーコンエッグ」に倣って、美しいハムエッグを…
コメント:0

続きを読むread more