分娩中の経口炭水化物摂取が経腟器械分娩の割合に及ぼす影響:多施設無作為化対照試験

・運動中の炭水化物の摂取は、筋肉のパフォーマンスを改善し、疲労を軽減する。著者らは、相当な身体活動期である分娩中の炭水化物摂取は、器械的経腟分娩の割合を低下させる可能性があると仮定した。 ・多施設共同前向き無作為化対照試験で、自発的分娩を呈する健康な成人妊婦を「炭水化物」群(3 時間ごとに果肉のないリンゴまたはブドウジュース 20…
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際してプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔と比較して生存率を改善しなかった

・乳癌は女性で最もよく見られる癌であり、いくつかの周術期因子が腫瘍の再発と転移の原因となる可能性がある。癌手術中に使用される麻酔薬は、癌細胞の生存と患者転帰に重要な役割を果たす可能性がある。経験豊富な同一の外科医が実施した乳癌手術を受けた患者で、麻酔の種類と全生存率との関係を調査するために、後ろ向きコホート研究を実施した。 ・20…
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔下の帝王切開後の早期経口摂取と後期経口摂取を比較した無作為化比較試験

・研究の目的は、区域麻酔下に帝王切開を受けた女性で、早期経口摂取(EOF)を行った場合と後期経口摂取(LOF)を行った場合とで、腸管蠕動の回復を比較することであった。副次評価項目として、母体満足度と消化管合併症も調べられた。 ・単盲検無作為化対照試験では、区域麻酔下に待機的帝王切開を受けた 148 人の単胎妊婦が EOF か、また…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節置換術における周術期合併症率

・患者の平均余命と体重が増加するにつれて、より高齢の肥満患者が人工膝関節全置換術(TKA)を受けている。TKA はいくつかの周術期合併症を引き起こす可能性がある。これらには、麻酔関連のリスク、併存する医学的問題の悪化、外科的処置の合併症が含まれる。著者らの患者集団で TKA 後の医学的合併症を報告した研究はない。本研究の目的は、TKA …
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その58:ギョニソ・エッグのその他のバリエーション

魚肉ソーセージを使った目玉焼き、ギョニソ・エッグ。「ハート形」、「扇形」の他にも、「ラグビーボール型」、「楕円型」、「長方形」などを考えてみた。 「ラグビーボール型ギョニソ・エッグ」の作り方 実際に焼いてみた!お皿に盛りつけた。 いつもお世話になっているクックパッドにも投稿してみた。 1 本のギョニソから、必ず 2 …
コメント:0

続きを読むread more

ビーチチェア体位患者の麻酔後の認知能転帰の前向き評価

・ビーチチェア体位は、肩関節手術、特に関節鏡検査を含む肩関節手術のために普及している。いくつかの公開された症例報告と研究は、ビーチチェア体位の患者で行われた手術に際して麻酔に関連した神経学的合併症の懸念を提起してきた。これらの潜在的な合併症を最小限に抑えるために、脳灌流モニタリングを日常的に使用すべきかどうかという問題が提起されている。…
コメント:0

続きを読むread more

再分布性低体温を軽減する導入法:前向き無作為化対照単盲式有効性試験

・術中低体温症の軽減に多くの努力が注がれているが、再分布性低体温症の予防に対する注意はあまり向けられていない。本研究では、3 種類の異なる麻酔導入法を、標準的なプロポフォール IV 導入(対照群)と比較して、再分布性低体温の軽減に及ぼす効果を比較した。 ・年齢 18〜55 歳で発熱していない待機患者は、4 群のいずれかに無作為に割…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その57:扇形ギョニソ・エッグ

「ハート形」のギョニソ・エッグは、若い夫婦にはそれなりかも知れないが、熟年夫婦にとっては「気持悪い~!」と言われかねない。実際のところ、そうだったのだが・・・・*^-^*)。 そこで、「魚肉ソーセージ」を使った目玉焼きのバリエーションとして「扇形」を考えてみた。扇形は、末広がりということで「めでたい」ことを表しているので、誕生日と…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術後の疼痛管理のためのロピバカインの局所創部浸潤

・帝王切開率は、胎児の予後改善との関連性が確立されて以来、漸進的に上昇している。本研究は、帝王切開患者の術後鎮痛薬必要量と疼痛スコアに及ぼすロピバカイン局所創部浸潤の効果を評価するために実施された。 ・これは、2018 年 1 月から 2018 年 6 月までの 6 ヵ月間、パキスタンのイスラマバードにある KRL 病院の産婦人科…
コメント:0

続きを読むread more

血糖コントロールおよび術後転帰に及ぼす周術期デキサメタゾンの効果

・手術を受ける患者の痛みと嘔気を軽減するために、周術期のグルココルチコイドが一般的に投与される。ただし、ステロイドの血糖効果、および合併症率と死亡率に及ぼす潜在的な影響は、体系的に評価されていない。本研究では、周術期デキサメタゾンと術後血糖値、入院期間(LOS)、再入院率、90 日生存率との関連を調査している。 ・保健システム内で…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的膀胱切除後の麻酔からの回復:2 種類の異なる筋弛緩拮抗

・ロボット補助根治的膀胱切除術(RARC)中に、特定の手術条件(急峻なトレンデレンブルグ体位、長時間気腹、手術最終段階までの効果的な筋弛緩)が転帰を大きく損なう可能性がある。本研究の目的は、異なる拮抗を受ける 2 群の患者で、術後嘔気嘔吐(PONV)とイレウスの発生率、覚醒時の認知機能の質を評価することであった。 ・本無作為化試験…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その56:失敗しないハート形ギョニソ・エッグ

ここで言う「ギョニソ」とは、「魚肉ソーセージ」のことである。肉のソーセージに比べると、食感は劣るが、味は悪くないし、はるかに安い。 近くの業務用スーパーでは、丸大食品のギョニソ(商品名は「フィッシュソーセージ」らしい)が、6本組(1本 65g)168 円で売っている。ちょっとしたおやつや酒のつまみ、サラダや総菜の材料に使えて、ある…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後せん妄の予防と治療に焦点を当てた試験:無作為化エビデンスの系統的レビュー

・心臓手術後せん妄は、入院期間の延長、集中治療室の長期在室、死亡率の増加などの有害転帰に関連している。効果的な予防的介入と治療はまだほとんど知られていない。この系統的レビューは、心臓手術を受ける成人患者のせん妄の予防または治療で研究された介入に関する無作為化試験から既存のエビデンスを集めて要約することを目的としている。 ・キーワー…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で経鼻胃管を併用した Classic ラリンジアルマスクとプロシール・ラリンジアルマ…

・インドでは、腹腔鏡下胆嚢摘出術に際しては、通常診療として声門上器具が使用されている。声門上器具を繰り返し使用すると、誤動作(カフの逸脱、不適切なシール)や感染症伝播のリスクが生じる。 Proseal LMA は、一般的に、経済的な要因により洗浄後に何度も使用される。著者らは、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者で、経鼻胃管を併用した C-L…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その55:美しいベーコンエッグ

いつもベーコンエッグを作る時、薄切りベーコン(22cm×5cm)1 枚を中央で二等分して、フライパンに載せるのだが、卵を割り入れたときに、うまくベーコンの中央に収まってくれずに、たら~っと脇に流れてしまうことがある。 こうなると、出来上がった時に、お皿の上での収まりが悪く、見た目にも良くない。 そこで、ほんの一手間をかけて、…
コメント:0

続きを読むread more

周術期ストレス、炎症、免疫機能に及ぼすデキスメデトミジンの効果:系統的レビューとメタ分析

・デキスメデトミジン(DEX)は、鎮静、鎮痛、不安緩解、交感神経緊張抑制を含む幅広い薬理効果を有する高度に選択的α2-アドレナリン受容体作動薬である。ここでは、周術期の手術患者のストレス、炎症、免疫に及ぼす DEX の影響についての系統的レビューとメタ分析を報告する。 ・MEDLINE、METSTR、Embase、Web of S…
コメント:0

続きを読むread more

手術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の臨床分析

・研究の目的は、術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の効果を調査することである。 ・2015 年 1 月から 2018 年 8 月に手術を受けた 120 人の患者が、A 群(n=40)、B 群(n=40)、C 群(n=40)の 3 群に選ばれた。A 群には吸入麻酔を、B 群には静脈内麻酔を、C 群には全身麻酔を併用した硬膜外ブロッ…
コメント:0

続きを読むread more