経カテーテル大動脈弁置換術のための監視下麻酔管理と全身麻酔の比較

・経カテーテル大動脈弁置換術は、中等度から高度の外科的リスクのある患者の重症大動脈弁狭窄症に対する安全で低侵襲の治療法である。監視下麻酔管理は麻酔科医によって管理される。本研究では、監視下麻酔管理と全身麻酔下での経カテーテル大動脈弁置換術の転帰を比較している。 ・2012 年 3 月から 2016 年 8 月まで、大学病院単施設で…
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復後の周術期合併症率や死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響

・硬膜外鎮痛(EA)は、術後鎮痛の改善??と心臓、肺、腎臓の合併症の発生率の低下のために、全身麻酔(GA)の補助として頻繁に使用される。ただし、開腹大動脈瘤(AAA)修復中に EA-GA を具体的に検討した研究はわずかである。特に術後転帰に関する開腹 AAA 修復時の EA-GA の影響は不明である。本研究は、EA-GA と GA 単独…
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術における i-gel vs カフ付き気管チューブ:臨床比較研究

・本研究は、気管チューブと i-gel を以下の点での検証と比較を目的としている。有効性:異なる一回換気量での気腹前後の両器具間のリーク率の差と口咽頭リーク圧の比較:挿入の容易さ:最適な位置決めに必要な試行回数。 ・60人 の患者、ASA I?II が研究に無作為に選択された。全患者に標準的な麻酔法が使用された。次に、i-gel …
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開手術を受ける患者の血糖値に及ぼす脊椎麻酔と全身麻酔の効果:前向き比較研究

・本前向き研究では、待機的帝王切開手術を受けた患者の血糖値を脊椎麻酔または全身麻酔と比較した。 ・合計で、待機的帝王切開手術を受けた 58 人の妊婦が本前向き比較研究に含まれた。S 群(n=35)には脊椎麻酔を選択した患者が含まれ、G 群(n=23)には全身麻酔を選択した患者が含まれた。患者は、患者の好みに応じて群に割り当てられた…
コメント:0

続きを読むread more

緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
コメント:0

続きを読むread more