股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
コメント:0

続きを読むread more