緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
コメント:0

続きを読むread more