経カテーテル大動脈弁置換術のための監視下麻酔管理と全身麻酔の比較

・経カテーテル大動脈弁置換術は、中等度から高度の外科的リスクのある患者の重症大動脈弁狭窄症に対する安全で低侵襲の治療法である。監視下麻酔管理は麻酔科医によって管理される。本研究では、監視下麻酔管理と全身麻酔下での経カテーテル大動脈弁置換術の転帰を比較している。 ・2012 年 3 月から 2016 年 8 月まで、大学病院単施設で…
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復後の周術期合併症率や死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響

・硬膜外鎮痛(EA)は、術後鎮痛の改善??と心臓、肺、腎臓の合併症の発生率の低下のために、全身麻酔(GA)の補助として頻繁に使用される。ただし、開腹大動脈瘤(AAA)修復中に EA-GA を具体的に検討した研究はわずかである。特に術後転帰に関する開腹 AAA 修復時の EA-GA の影響は不明である。本研究は、EA-GA と GA 単独…
コメント:0

続きを読むread more