高齢者の初心者レジデントが行う脊椎麻酔のための術前超音波 vs ランドマーク法:無作為化比較試験

・正中アプローチを使用した脊椎麻酔は、高齢患者集団では技術的に困難かもしれない。術前の超音波(US)ガイド下傍正中法と術前の US ガイド下正中線法は、高齢患者で従来のランドマークガイド下正中法と比較した場合、初回試行で脊椎麻酔の成功率が異なるという仮説を立てた。 ・本前向き無作為化対照研究では、待機手術を予定している 180 人…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
コメント:0

続きを読むread more