帝王切開後の硬膜穿刺後頭痛を評価する無作為化研究:正中法と傍正中法との比較

・帝王切開に際してのの最も一般的な麻酔法は脊椎麻酔であるが、その最もよく見られる合併症は硬膜穿刺後頭痛(PDPH)である。著者らは、帝王切開を受けた患者の PDPH に及ぼす脊椎麻酔中の正中法と傍正中法アプローチの効果を調査することを目的とした。 ・年齢 19〜45 歳の 200 人の妊婦、脊椎麻酔下で待機的帝王切開を受ける予定の…
コメント:0

続きを読むread more