メチルプレドニゾロンは心臓手術後の急性術後疼痛を軽減しない:無作為化臨床試験のサブ分析

・心臓手術の術後疼痛は、主にオピオイドで治療されるが、安全性が低いため、非オピオイド薬はマルチモーダル経路の一部として魅力的である。抗炎症薬は術後の急性疼痛を軽減するが、胸骨切開後の急性疼痛の軽減におけるステロイドの役割は不明である。メチルプレドニゾロンの術中投与と心臓手術後 24 時間の疼痛スコアとオピオイド消費量の複合として定義され…
コメント:0

続きを読むread more