上部消化管内視鏡検査用の新しいダブルルーメンラリンジアルマスクである LMA Gastro の有効性:前向き観察研究

・消化管内視鏡検査を受ける患者では、重大な心肺症状が、頻繁に発生する。呼吸器症状が発生する主な原因は、気道確保が確実でないことである。本研究では、上部消化管内視鏡検査を受ける患者で、新しいラリンジアルマスクである LMA GastroTM(Teleflex Medical、Athlone、アイルランド)の有効性を確認しようとした。新しい…
コメント:2

続きを読むread more

内視鏡的逆行性胆管膵管造影の麻酔および胃腸合併症の有病率

・内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、多くの胆道疾患の治療のための内視鏡的方法である。迅速な回復と患者の快適さ向上の点から、この手技は現在、軽い全身麻酔(GA)か、または意識下鎮静下で行われている。本研究は、ERCP 患者の麻酔関連合併症の大きな恐れなしに静脈内鎮静または軽度の全身麻酔を行うことができ、鎮静用量のプロポフォールは専…
コメント:0

続きを読むread more