神経集中治療室の末梢静脈内カテーテルによるフェニレフリン投与の安全性と妥当性

・血圧の最適化と脳脊髄灌流圧の維持は、神経疾患患者の治療の主力である。伝統的に、血管収縮剤の投与には、固有の合併症のリスクを伴う中心静脈路確保が必要とされてきた。著者らは、以前に神経集中治療室でのフェニレフリンの末梢投与の安全性に関する予備研究データを報告している。この経過追跡では、より堅牢なコホートでの低濃度フェニレフリンの末梢投与の…
コメント:1

続きを読むread more

ドキサプラムは、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 SpO2 を緩和…

・静脈内プロポフォール麻酔下の痛みのない消化管内視鏡検査は、臨床シナリオで広く適用される。プロポフォールが提供する良好な鎮静と不安の除去にもかかわらず、低 SpO2 も生じる可能性がある。ドキサプラムは、半減期が短い呼吸刺激薬である。本研究の主な目的は、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 S…
コメント:0

続きを読むread more