■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/12/12

MCQ53.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a_________) (d___) : 抗生物質

(2) (p___________) : 子癇前症

(3) (c__________) (a_______) : 代償性アシドーシス

(4) (s_________) (p_____) (b____) : 内臓神経叢ブロック

(5) (________e) : 混合物/混加物


[解答]
(1)antibiotic drug(2)preeclampsia
(3)compensated acidosis(4)splanchnic plexus block
(5)admixture


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(外傷・出血・感染) 第 VIII 因子の半減期はどれくらいか?
1) 12〜16時間
3) 1〜2時間
5) 16〜24時間
2) 4〜8時間
4) 8〜12時間


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] フィブリノゲン、プロトロンビン、 V 、 VII 、 VIII 、 IX 、 X 、 X I 、 X II 、 X III の10種類の凝固因子のうち、唯一第 VIII 因子のみが血管内皮で産生される。それ以外はすべて肝臓で産生される。もっとも半減期が短いのは VII 因子で5時間、次いで VIII 因子が12時間、フィブリノゲンと X III 因子が4〜5日、それ以外は1〜3日である。


[正解] 4 [出典]




【問題3】(心臓・血管) 次の抗不整脈薬の中で活動電位持続時間を延長させるのはどれか?
1) プロカインアミド
3) メキシチレン
5) ベラパミル
2) リドカイン
4) フレカイニド


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 抗不整脈薬のVaughan-Williams分類: I 群=Naチャンネル遮断: I a(活動電位持続時間延長) I b(短縮) I c(不変)。 II 群=β受容体遮断、 III 群=Kチャンネル遮断、 IV 群=Caチャンネル遮断. I a群抗不整脈薬の活動電位持続時間の延長はKチャンネルの抑制作用による。ジソピラミド、プロカインアミド、キニジンが I a群に含まれる。リドカイン、メキシレチンは I b群で活動電位持続時間は短縮する。フレカイニドは I c群で活動電位持続時間は不変である。ベラパミルは IV 群に含まれる。


[正解] 1 [出典] クリティカル記憶術2p250



【問題4】(血液) 輸血療法について正しいのはどれか?

ア:平均的成人女性の推定血液量は約65ml/kgである。

イ:急性出血を晶質液で補正すると、混合静脈血酸素飽和度が低下する。

ウ:血小板製剤の有効期間は採血後4日間である。

エ:赤血球濃厚液(RCC-LR)のヘマトクリット値は50〜55%程度である。

オ:血小板濃厚液10単位は約100mlである。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:○:平均的成人男性の推定血液量は約75ml/kgであり、平均的成人女性では約65ml/kgである。
イ:○:急性出血を晶質液で補正すると、血液が希釈され組織での酸素抽出率が増大し、混合静脈血酸素飽和度は低下する。
ウ:○:血小板製剤の有効期間は、2007年11月以降「採血後72時間以内」から「採血後4日間」へ変更になっている。
エ:○:赤血球濃厚液(RCC-LR)のヘマトクリット値は50〜55%程度である。
オ:×:血小板濃厚液10単位は約200mlである。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p33-39、各種血液製剤添付書

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント