超肥満妊婦における L1-L2 間隙以上の不慮の脊柱管ブロックの留置:後ろ向き研究

肥満児8.png・肥満指数(BMI)の増加は、脊柱管主義の困難度を増加させる。患者が不適切に高い硬膜穿刺のリスクにさらされる可能性があると仮定した。麻酔科医による超肥満妊婦の棘間レベル推定の正確性は研究されていない。BMI≧50kg/m2 の妊婦における、硬膜外および/またはクモ膜下カテーテルの不慮の留置(L1/L2 間隙以上)頻度を評価した。

・本後ろ向き研究の選択基準は、硬膜外またはくも膜下カテーテルを使用して帝王切開で出産した BMI≧50kg/m2 の女性であった。主要転帰は、異物保持した X 線写真を確認することで決定した、L1/L2 以上に留置されたカテーテルの割合であった。副次評価項目は、推定および実際のカテーテル位置と、超音波ガイド下に留置したカテーテルのサブ群分析との一致度であった。

・カテーテルの位置を特定できなかった 15 症例と推定挿入レベルが記録されなかった 10 症例を除外した後、125 症例が含まれた。不慮の高位留置は、26/125(21%、95% 信頼区間(CI) 15%〜29%)の患者で発生した。推定カテーテル位置と実際のカテーテル位置との間の一致度は不良であった(27% が正確、重み付けなしκ統計量 0.02)。超音波なしで留置されたカテーテルの 15/86 例(17%、95%CI 11%〜27%) L1/L2 以上であったと比較して、超音波を使用した場合には 11/39 例(28%、95%CI 17%〜44%)であった。神経学的合併症はなかった。

超肥満の分娩患者では、偶発的に高い硬膜外またはクモ膜下カテーテル留置率が高い。超音波はこれを妨げなかった。

エコーガイド下の方が、L1/L2 以上に留置した割合が高かった!? エコーの意味ないじゃん!

【出典】
Inadvertent neuraxial block placement at or above the L1-L2 interspace in the super-obese parturient: a retrospective study.
Int J Obstet Anesth. 2019 Nov 14. pii: S0959-289X(19)30563-1. doi: 10.1016/j.ijoa.2019.11.005. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント