肥満症手術を予定している病的肥満若年患者における抜管までの時間と早期回復に及ぼすドキサプラムの効果:無作為化比較試験

袖状胃切除.png・肥満症手術は、肥満の確立された治療法である。肥満症手術後の術後呼吸不全と気道閉塞は、多くの場合、麻酔薬、鎮静薬、オピオイドの残存抑制効果に起因する可能性がある。病的肥満患者の周術期管理は、手術室の専門家にとって依然として懸念事項である。本研究の目的は、病的肥満の肥満外科手術後の全身麻酔の転帰に及ぼすドキサプラムの効果を評価を目時とした。

・2017 年から 2018 年まで、イランのテヘランにある三次医療教育病院での同時並行 2 群を使用した単盲検無作為化対照試験で、合計で、クラス 2 以上の肥満患者 100 人の(69 人の女性)が同数 2 群に含まれ、肥満症手術を受けた。主要評価項目は、ドキサプラムの投与から抜管までの時間であった。副次評価項目には、バイタルサインと、最大呼気流量、自発呼吸回復までの時間、命令で開眼、握手までの時間、回復までの時間など変数が含まれた。両群が全身麻酔を受けた。介入群は、筋弛緩の拮抗直後と全麻酔薬の中止直後に、ドキサプラム1mg/kg 理想体重の単回投与を受けた。

ドキサプラムは、抜管までの時間、開眼握手るまでの時間を短縮し、回復時間を短縮し、呼気終末 CO2 を有意に低下させた(すべて P<0.001)。さらに、最大呼気流量、酸素飽和度、温度、心拍数、血圧が上昇した(すべて P<0.001)。 2 群は、バイスペクトル指数と平均動脈圧が同様であった(両方ともP>0.05)。参加者の誰も、ドキサプラムに起因する合併症をきたさなかった。

術後ドキサプラムの使用は、最大呼気流量を改善し、肥満症手術を受ける病的肥満の回復中の麻酔の呼吸器合併症を減少させる。ドキサプラムは、若年の ASAーPS 1〜2 の病的肥満患者において忍容性が良好である。ただし、麻酔科医は、ドキサプラムの投与後少なくとも 30 分間はバイタルサインを慎重に評価する必要がある。

病的肥満患者の麻酔からの回復過程でドキサプラムを使用するのは理にかなっているだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント