■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/12/19

TEST5.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a_____) (s_________) : 心房停止

(2) (s_____) : 敗血症

(3) (______e) : 予備

(4) (a______) (p___) : 狭心痛

(5) (r_______) : 受容体/レセプタ


[解答]
(1)atrial standstill(2)sepsis
(3)reserve(4)anginal pain
(5)receptor


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(麻酔薬) 次の筋弛緩薬の中でもっともヒスタミン遊離作用の強いものはどれか?
1) スキサメトニウム
3) アトラクリウム
5) パンクロニウム
2) dツボクラリン
4) ミバキュリン


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 筋弛緩薬のヒスタミン遊離作用:dツボクラリンがもっとも強い。スキサメトニウム、アトラクリウム、メトキュリン、ミバクリウムもヒスタミン遊離作用がある。パンクロニウム、ベクロニウム、ピペクロニウム、ドキサクリウムにはヒスタミン遊離作用はない。


[正解] 2 [出典] MGH麻酔の手引第3版p169



【問題3】(麻酔中の問題) 徐脈が起こった場合にとるべき処置はどれか。

ア:血圧を測定する。

イ:心電図を確認する。

ウ:バッグを押して、換気できていることを確認する。

エ:酸素化が十分であることを確認する。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] たとえ徐脈になっても、血圧が十分であれば、処置を行うまでにある程度の余裕がある。心電図を観察することにより、徐脈の場合の調律を決定することができる。徐脈の原因に、低酸素血症(特に小児の場合)、高度の高二酸化炭素症がある。バッグによる用手換気をし、麻酔回路のリーク、肺のコンプライアンス(例えば、気胸では低下)の評価、聴診(片肺挿管や気胸などによる呼吸音不均等、喘鳴など)を行う。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集




【問題4】(代謝・内分泌) 低血糖に対してブドウ糖投与後1時間経過しても意識が改善しない場合には何を投与するか??
1) グルカゴン
3) アンフェタミン
5) 酸素
2) ステロイド
4) インスリン


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 低血糖性昏睡の場合の治療は、(1)50%ブドウ糖液50ml静注→血糖値を100mg/dl上昇させる。ブドウ投与のための血管確保に手間取る場合には、グルカゴン1単位(約1mg)を筋注→10分以内に血糖は上昇する。  (2)ついで血糖値150〜200mg/dlを目標に10%ブドウ糖液点滴.  (3)1時間経っても意識が改善しない場合には脳浮腫を考え、ハイドロコーチゾン100mg静注  (4)さらに1時間後も覚醒しなければ、デキサメサゾン10mg静注/6時間毎投与.グリセオール500ml/2時間/8時間毎投与.(この段階では脳専門医にコンサルトする。)


[正解] 2 [出典] クリティカル記憶術2P71

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント