全身麻酔下での脊椎手術後の術中低体温は急性腎障害の減少と関連している:後ろ向き観察研究

・低体温は虚血性傷害に対する保護効果があることが知られているが、腎障害に対する低体温の影響はまだ解明されていない。そこで、本研究は、全身麻酔下で脊椎手術を受けた患者における術中低体温と術後急性腎障害(AKI)との関連を明らかにすることを目的とした。 ・本後ろ向き観察研究では、2010 年 1 月から 2018 年 3 月までに待機…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の転子間骨折手術に対する気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神…

・高齢患者の転子間骨折手術のための最適な麻酔法に関するコンセンサスはない。著者らの研究は、高齢患者の転子間骨折手術に際して、気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神経ブロックの血行動態と周術期転帰を比較することを目的としている。 ・これは、挿管による全身麻酔(n=25)、脊椎硬膜外併用麻酔…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的前立腺切除術の回復の質に及ぼすクモ膜下ブピバカイン/モルヒネの効果:無作為化対照試験

・ロボット補助根治的前立腺切除術は、術後すぐに不快感を引き起こす。本無作為化比較試験は、全身麻酔に加えて、クモ膜下ブピバカイン/モルヒネが術後の回復の質に有益かどうかを調査した。 ・150 人の患者を、クモ膜下に 12.5 mg ブピバカイン/ 300μg モルヒネを投与した介入群(年齢 75 歳以上の患者では用量を 20% 減量…
コメント:0

続きを読むread more

鼻骨骨折の徒手整復後の成人におけるサクシニルコリンとロクロニウム-スガマデクスの覚醒時興奮の比較:前向き無作為化対…

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩からの迅速な回復を可能にする。サクシニルコリンはしばしば短時間の手術に使用されるが、筋肉痛、頭痛、ヒスタミン放出、乳酸値の増加に関連している。そこで、サクシニルコリンが覚醒時興奮(EA)に影響を与える可能性があるという仮説を立て、全身麻酔下で鼻骨骨折の徒手整復を受けた患者の EA に及ぼすサクシ…
コメント:0

続きを読むread more

マグネシウムとケタミンは、開腹肥満症手術後の早期モルヒネ消費量を減らす:前向き無作為化二重盲式試験

・肥満患者の最適な疼痛管理は早期回復に不可欠である。本研究の目的は、マグネシウムとケタミンの併用が、開腹手術後のモルヒネ消費量(主要転帰)、および術後疼痛スコアと副作用の発生に及ぼす影響を評価することである。 ・待機的開腹胃バイパス術を受けた合計 60 人の患者を 3 群に無作為に分けた。全患者が同じ全身麻酔プロトコルを受けた。マ…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術を受ける高齢患者におけるクモ膜下ブピバカインおよびブピバカイン+フェンタニルの効果

・研究の目的は、人工股関節全置換術(THA)を予定している高齢患者で、フェンタニルを併用したブピバカインとブピバカイン単独を用いた脊椎麻酔の臨床効果を調査および比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 4 月まで、中国湖北省武漢にある武漢大学人民病院麻酔科での実験的研究で、65 人の高齢患者を無作為に 2 …
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術を予定している病的肥満若年患者における抜管までの時間と早期回復に及ぼすドキサプラムの効果:無作為化比較試験

・肥満症手術は、肥満の確立された治療法である。肥満症手術後の術後呼吸不全と気道閉塞は、多くの場合、麻酔薬、鎮静薬、オピオイドの残存抑制効果に起因する可能性がある。病的肥満患者の周術期管理は、手術室の専門家にとって依然として懸念事項である。本研究の目的は、病的肥満の肥満外科手術後の全身麻酔の転帰に及ぼすドキサプラムの効果を評価を目時とした…
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックの 28 日死亡率を評価するための入院前ショック指数

・入院前の設定では、死亡リスクの高い敗血症性ショック(SS)の早期特定は、早期治療の開始と搬送先(救急科(ED)か、または集中治療室(ICU))の決定を目的としている。この前後状況では、状態悪化ののリスクが高い患者を早期に発見するために、重症度と死亡の予後尺度が必要である。本研究では、入院前のショック指数(SI)と移動型集中治療室(MI…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下肥満症手術の術後痛に及ぼす腹腔内ブピバカインの効果

・術後疼痛には多くの有害効果があり、適切に管理されない場合、広範囲の合併症を引き起こす可能性がある。オピオイドには、疼痛管理のために頻繁に使用される薬物であるが、特に肥満患者において、いくつかの重症の呼吸器および消化管の合併症がある。本研究で、著者らは、腹腔鏡下肥満症手術の術後疼痛に対する腹腔内ブピバカイン洗浄の効果を評価することを計画…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔に関連した歯牙損傷―後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に歯牙損傷が発生する場合がある。本研究の目的は、全身麻酔に関連する歯牙損傷の事例を、損傷の種類と程度、および認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。 ・デンマークの患者補償協会で利用可能な全国の電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷の…
コメント:0

続きを読むread more

妊婦に施行した脊椎麻酔中に 3 つの異なる向きで穿刺した脊髄針で硬膜後穿刺頭痛の発症に影響はあるか?

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔のよく知られた頻度の高い合併症である。脊椎麻酔針のサイズ、形状、脊椎麻酔針の穿刺特性と髄液リークとの関係は、議論の余地がある。 ・本前向き無作為化試験には、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた年齢 18〜45 歳の 300 人の患者が含まれた。坐位で L3-4、またはL4-5 で 26G Quinc…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける小児の脳波由来の疼痛閾値指数による血行動態反応性の予測:前向き観察研究

・疼痛閾値指数(PTI)は、全身麻酔中の統合された脳波パラメーターに基づく侵害刺激の新しい尺度である。ウェーブレットインデックス(WLI)は、鎮静の深さを反映している。本研究の目的は、小児患者の気管挿管と皮膚切開後の血行動態反応性を予測する PTI と WLI の能力を評価することである。 ・待機的一般外科手術または尿路手術を受け…
コメント:0

続きを読むread more

超肥満妊婦における L1-L2 間隙以上の不慮の脊柱管ブロックの留置:後ろ向き研究

・肥満指数(BMI)の増加は、脊柱管主義の困難度を増加させる。患者が不適切に高い硬膜穿刺のリスクにさらされる可能性があると仮定した。麻酔科医による超肥満妊婦の棘間レベル推定の正確性は研究されていない。BMI≧50kg/m2 の妊婦における、硬膜外および/またはクモ膜下カテーテルの不慮の留置(L1/L2 間隙以上)頻度を評価した。 …
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中にイソフルランとデスフルランで麻酔した患者の術後せん妄の比較:前向き無作為化対照試験

・脊椎手術後、さまざまな種類の吸入麻酔薬が術後せん妄(POD)を引き起こし、周術期/術後の合併症率を増加させる可能性がある。ここでは、イソフルランとデスフルランで麻酔した脊椎手術を受けた成人の POD の発生率を比較した。 ・脊椎手術を受ける患者を対象とした前向き無作為化二重盲式臨床試験が、60 人の成人(年齢 18〜65 歳)で…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
コメント:0

続きを読むread more