術前の長時間作用型オピオイド使用は、待機手術後の入院期間および再入院率の増加と関連している

・研究の目的は、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイドを処方された患者 vs オピオイド未投与患者の術後転帰を比較することであった。 ・都市部大学関連単施設での後ろ向きコホート研究で、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイド使用者とオピオイド未使用患者の術後転帰を後ろ向き的に比較した。入院患者と外来手術のコホートを別…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的頭蓋内術後に ICU入室した患者の術後せん妄の発生率と危険因子:前向きコホート研究

・術後せん妄(POD)は、大手術後の重要な合併症として確認されている。ただし、これまでの研究では、脳神経手術患者は通常除外されている。現在まで、頭蓋内手術後患者の POD および危険因子に関するデータは乏しい。研究の目的は、頭蓋内手術後患者での POD の発生率と危険因子を調査することであった。 ・中国北京にある大学付属病院の脳神…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔時の低血圧の予防と治療のための昇圧剤:胎児と母体の転帰のベイジアンネットワークメタ…

・帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔中に低血圧を管理するための昇圧薬の最適な選択は不明である。フェニレフリンはコンセンサスの選択肢として最近推奨されたが、フェニレフリンと他の保健設定で使用される昇圧薬との直接比較はほとんどない。そこで、この包括的なネットワークメタ分析で、著者らは、関連研究からのデータを照合することにより、間接的にこれを評…
コメント:0

続きを読むread more

外科系 ICU における周術期血清乳酸値と術後 90 日死亡率:後ろ向き関連性研究

・術前および術後の最高乳酸値と外科系 ICU 患者死亡率との関連性に関する情報は不十分である。研究も目的は、外科系 ICU 入室患者の周術期乳酸値と 90 日死亡率との関連を調査することであった。 ・三次大学関連病院単施設の ICU での後ろ向き回顧コホート研究で、2012 年 1 月から 2017 年 12 月までに ICU に…
コメント:0

続きを読むread more

術中ケトロラックの使用は、乳房手術での出血のリスクを増加させない

・非ステロイド性抗炎症薬の使用は、周術期の疼痛管理に効果的な補助剤である。マルチモーダル ERAS プロトコルの一環として術中ケトロラックを使用すると、乳房手術での出血合併症のリスクが増加するかどうかを調査しようとした。 ・乳腺腫瘤摘出術および乳房切除術を受けた患者を含む前向きコホート研究のサブセット分析で、術中ケトロラックを投与…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術のための持続神経ブロック vs 単回神経ブロック:無作為化対照試験からのメタ分析

・このメタ分析の目的は、膝関節全置換術(TKA)後、持続神経ブロック(CNB)が単回神経ブロック(SSNB)よりも優れた疼痛緩和と機能回復をもたらすかどうかを判断することである。 ・Embase、PubMed、Cochrane Library データベースが包括的に検索された。今回のメタ分析には、TKA 後の患者で CNB を S…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道の予測因子としての術前経鼻内視鏡検査:前向きコホート研究

・気管挿管が失敗した場合の転帰は壊滅的である可能性があり、したがって、困難を予測することは重要な問題である。難易度を予測するための最良の方法に関するコンセンサスはない。研究の目的は、挿管困難の予測における、経鼻的軟性内視鏡喉頭鏡検査(TFEL)の役割を評価することであった。 ・ミラノの三次大学病院、サンラファエレ病院での、術前 T…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のミルク入紅茶摂取後の胃内容排出の超音波評価:無作為化対照試験

・周術期の絶食ガイドラインにより、ミルクを含まない紅茶を含む清澄液を、手術の 2 時間前までに摂取することは許されている。最近のエビデンスは、清澄液に添加される適量のミルクは胃内容排出を著しく遅延させないことを示している。本研究の目的は、絶食妊娠患者で超音波検査を使用して、ミルク入り紅茶 vs 水でお胃内容排出を比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での非心臓手術後の早期 C反応性タンパク質値の予測

・C 反応性タンパク質(CRP)の術後増加の早期検出は術後合併症と相関する。本研究では、全身麻酔下に手術を受ける患者で、術前/術中因子と術後 CRP 値の関係を調査し、術後合併症の予防的管理のために、術後早期 CRP 値の予測モデルの開発と検証を行った。 ・多変量回帰分析を後ろ向き的に実施して、術後日(POD) 1 日目の CRP…
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術に際しての麻酔維持法と全静脈麻酔に関する麻酔科医の調査

・吸入麻酔と全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の全身麻酔の維持に使用される方法である。TIVA は出血量の減少と術野の改善に関連する可能性があるというエビデンスが増えているが、データは少数の副鼻腔手術症例でしか使用されていないことを示唆している。本研究の目的は、麻酔担当者の間で ESS の麻酔維持法に対する認識とアプ…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その60:サバ缶と玉ねぎのレンジ蒸し

ちょっと総菜が足りなくてさみしいときに、鯖缶を使ってお手軽に1品を追加。酒のつまみにも最適。器一つで 5 分の超簡単レシピ。 いつもは、鯖缶は味付き(味噌、醤油)を、野菜はもやしか、キャベツ、白菜を使うんだけど、水煮缶しかなく野菜も玉ねぎしかなかったので、水煮缶と玉ねぎを使って、甘酸っぱい感じの味に仕上げてみた。 【 材料 …
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンでのアナフィラキシーの発生率の比較:後ろ向き多施設観察研究

・スガマデクスによるアナフィラキシーの症例が報告されているが、その発生率は不明である。逆に、ネオスチグミンへのアナフィラキシーの発生率を評価した研究はない。 ・これは、2012 年から 2016 年までに全身麻酔下で手術を受けた患者の多施設共同後ろ向き観察研究で、日本の三次病院 4 施設でスガマデクスとネオスチグミンによるアナフィ…
コメント:0

続きを読むread more