脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無…

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。 ・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフ…
コメント:0

続きを読むread more

気道管理における上気道超音波の役割

上気道超音波は、疾患や外傷によって解剖が歪んでいても気道管理を評価するための、価値のある、非侵襲的で、簡便でポータブルなベッドサイド超音波(POCUS)である。超音波により、甲状軟骨、喉頭蓋、輪状軟骨、輪状甲状膜、気管軟骨、食道などの上気道の重要な超音波解剖を特定できる。この応用超音波解剖を理解することにより、臨床医は、挿管困難、ETT…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ捻転が挿管確認のための超音波の診断精度に及ぼす影響

・超音波は、挿管試行後の気管チューブ(ETT)の正確な留置を確認するために使用される、すぐに利用可能な方法である。ETT の位置確認の診断精度を向上させるために、ETT 操作を使用することについての研究は限られている。著者らの研究では、標準のグレースケール法下で ETT 捻転が超音波による挿管確認の精度に影響を与えるかどうかを直接評価し…
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室での自発呼吸試験を成功させるための PO2/FIO2 比と浅速換気指数の予測精度を比較する

・研究の目的は、集中治療室での抜管前の自発呼吸試験の成功について、PFR の予測精度を RSBI と比較することであった。 ・この横断的研究は、2017 年 7 月から 2019 年 1 月まで、中国のムルタン医科大学とニシュタル医科大学病院の心疾患研究所の ICU で実施された。PO2/FIO2と RSBI は、SBTの開始前と…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける患者における脊椎麻酔困難の解剖学的予測因子:観察研究

・脊椎麻酔は帝王切開を受ける患者にとって最も一般的で安全な麻酔法であるが、手術室では脊椎麻酔の穿刺困難に遭遇することがしばしばである。帝王切開を受ける患者で脊椎麻酔困難の予測因子を調査した。 ・脊椎麻酔下に待機的帝王切開を受ける、単胎、年齢 18〜40 歳、 ASA-PS I/II の、合計 110 人の妊婦を調査した。人口統計情…
コメント:0

続きを読むread more

小児における術前の清澄液絶飲持続時間と末梢静脈カテーテル留置:9,693 人の患者を対象とした単施設観察コホート研究

・小児は日常的に全身麻酔の吸入導入を受ける。静脈ラインの留置は通常、麻酔導入後に行われ、特に乳児や幼児では困難な場合がある。著者らは、麻酔小児で、清澄液絶飲時間と末梢静脈カテーテル挿入試行回数との間に関連性があるかどうかを調査するために、後ろ向き観察研究を実施した。副次目的は、静脈ラインの複数回挿入施行に関連する要因を特定することであっ…
コメント:0

続きを読むread more

個別化周術期肺解放換気戦略中の酸素が術後感染に及ぼす影響:無作為化比較試験

・著者らは、術中および術後の個別化肺開放換気アプローチの場合に、高い吸入酸素濃度(FIO2)を使用すると、腹部手術を予定された患者の手術部位感染(SSI)を減らす可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・2017 年 6 月 6 日から 2018 年 7 月 19 日まで、21 の大学病院のネットワークで多施設無作為化対…
コメント:0

続きを読むread more

股関節または膝関節置換手術を受ける患者の硬膜外麻酔に及ぼす従来型盲目法の補助としての術前超音波:無作為化対照試験

・膝関節置換術および股関節全置換術を受ける患者はほとんどが肥満であり、年齢 50 歳以上で脊椎骨棘形成や脊椎変形があるため、区域麻酔の従来の盲式法はより困難になる。本研究の目的は、膝関節または股関節全置換手術を受ける骨棘のある肥満患者で、技術的な難易度、臨床的有効性、安全性、患者の快適性の観点から、術前超音波スキャンの役割を従来の盲式法…
コメント:0

続きを読むread more

大動脈内バルーンポンプは、心臓手術を受ける高リスクの心疾患患者の脳血行動態および神経学的転帰に影響を与えない:IA…

・大動脈内バルーンポンプ(IABP)は、冠動脈灌流を改善し、後負荷を減らすために、心臓手術を受ける高リスク患者によく使用される。脳血行動態に及ぼす IABP の影響は不明である。そこで、「心臓手術を受ける患者の大動脈内バルーンカウンターパルセーション」(IABCS)試験で、術前 IABP を受けるか、受けないように無作為化された心臓手術…
コメント:0

続きを読むread more

臨床的確率に合わせた d-ダイマーによる肺塞栓症の診断

・後ろ向き分析により、肺塞栓症は、臨床前検査の確率が低い患者(C-PTP)では、d-ダイマー値が 1000 ng/mL 未満、中等度の C-PTP 患者では、500 ng/mL 未満で除外できることが示唆されている。 ・著者らは、C-PTP が低く、d-ダイマー値<1000 ng/mL か、または、中等度のC-PTP で d-ダイ…
コメント:0

続きを読むread more