帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンのボーラスの比較: 無作為化対照試験

・帝王切開に際しての脊椎麻酔後の低血圧は、十分な輸液負荷にもかかわらずよく見られる。フェニレフリンは、帝王切開時の脊髄低血圧の治療に推奨されるている薬剤である。最近、フェニレフリンボーラスの代わりに、ノルエピネフリンボーラスが提案されている。本研究の目的は、帝王切開時の脊髄低血圧を治療するために、ノルエピネフリンのボーラス投与とフェニレ…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下虫垂切除術における腹腔内局所麻酔薬の有効性と安全性:系統的レビューとメタ分析

・現在、腹腔内局所麻酔薬がますます使用されている。しかし、腹腔鏡下虫垂切除術では日常的に行われるわけではなく、この術式での投与について多くの議論がある。本研究の目的は、腹腔鏡下虫垂切除術における腹腔内局所麻酔薬の有効性と安全性を確認することである。 ・4 つの信頼のおけるデータベースのコンピューター検索を実施した。腹腔鏡下虫垂切除…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎の解剖学的異常構造を有する患者で超音波補助脊椎麻酔とランドマークガイド脊椎麻酔:無作為化対照試験

・体表ランドマークガイド法を使用した脊椎麻酔は、腰椎の解剖学的変化のある患者では困難なことがある。ただし、超音波検査を使用してこれらの集団の技術的困難を軽減できるかどうかは不明である。超音波補助法は、脊椎の解剖学的異常構造を有する患者で、ランドマークガイド法と比較して、ブロックの成功に必要な針の穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価…
コメント:0

続きを読むread more

分娩停止による再度の帝王切開は、新生児の体重差によって予測できるか?

・研究目的は、新生児の体重差が、分娩停止による帝王切開の既往がある女性で、分娩様式に関連しているかどうかを評価することであった。 ・本後ろ向きコホート分析には、カーメル医療センターの分娩室に入室した頭位で単胎、かつ以前に分娩停止で帝王切開となった全ての女性が含まれた。帝王切開後に経膣分娩が成功した女性と、分娩停止のために帝王切開を…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡補助下の脳室腹腔シャント留置および手術時間と総病院費用の削減

・脳室腹腔シャント(VPS)の留置では、腹部カテーテルの遠位留置は通常、脳外科医によって行われる。より最近では、一般外科医による腹腔鏡下(LA)腹腔内カテーテルの留置が一般的になっている。本研究では、VPS の LA 留置(LAVPS)が手術時間の短縮、病院費用の削減、遠位部の修正の減少に関連しているかどうかを調べた。 ・2013…
コメント:0

続きを読むread more

逆行性腎内結石手術の手術転帰と腎機能に及ぼす麻酔法の影響:前向き無作為化対照試験

・前向き無作為化比較試験で、逆行性腎内手術(RIRS)の手術転帰と腎機能に及ぼす麻酔法の影響を分析した。 ・2015 年 9 月から 2017 年 2 月に RIRS を受けた 70 人の患者は、全身麻酔(GA)または脊椎麻酔(SA)群に無作為に割り当てられた。腎機能は推定糸球体濾過率を使用して評価され、個別の腎機能は核医学検査を…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭手術のための低流量無呼吸酸素化:前向き観察研究

・喉頭手術では、手術条件を最適化するために、気道を共有し、外科医と麻酔科医との緊密な協力が必要である。無呼吸酸素化は、呼吸マスフローの原理を使用して、喉頭部の動きを最小限に抑えながら、無呼吸条件下で肺毛細血管血の酸素化を維持する。二酸化炭素の蓄積とその結果生じる酸性血症に関する懸念により、この手法の使用が制限されている。 ・著者ら…
コメント:0

続きを読むread more

消化管腹腔鏡検査を受ける患者の気腹関連血行動態変化に及ぼす硫酸マグネシウムの異なる投与量の影響:無作為化二重盲式対…

・硫酸マグネシウムの注入は、動脈圧を低下させ、気腹に対する循環動態反応を弱めることがよく知られている。本研究は、腹腔鏡下消化管手術を受けた患者で異なる用量の硫酸マグネシウムが気腹関連血行動態変化とバソプレシンの放出を効果的に減衰させる可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・腹腔鏡下胃部分切除術を受ける 69 人の患者を…
コメント:0

続きを読むread more

ノルエピネフリンとバソプレッシン:敗血症性ショックで最初に中止すべき昇圧剤はどれか?メタ分析

・ノルエピネフリン(NE)注入だけでは血圧を上げるのに不十分な敗血症性ショック患者は、バソプレシン(VP)の併用投与が必要である。しかし、現ガイドラインでは、患者の敗血症性ショックが解消し始めたら、どの血管作用薬を最初に中止するかについて臨床医に助言されていない。さらに、NE と VP の併用療法を受けている敗血症性ショック患者の昇圧剤…
コメント:0

続きを読むread more

成人手術患者における術後フロセミドの効果:無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析

・急性腎障害(AKI)は合併症と死亡の増加に関連しており、術後段階で乏尿として現れることがある。フロセミドを含む利尿薬は、術後患者によく使用される。そこで、成人手術患者における術後フロセミドの利益と害のバランスを評価することを目的とした。 ・著者らは、PRISMA 提言と GRADE 方法論に従って、メタ分析による系統的レビューを…
コメント:0

続きを読むread more

術後イレウスの発生率を低下させるためのコーヒーの使用:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的じは、術後イレウスを軽減するために、待機的腹部手術患者の術直後にコーヒーを提供することの有効性を調査することであった。 ・2012 年以降に公開された 6 件の無作為化比較試験のメタ分析による系統的レビューである。コクランガイドラインを使用して、方法論の品質を評価した。GRADE 評価ツールは、エビデンスの質を評価した…
コメント:0

続きを読むread more

肝内胆管癌手術でプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・これまでの研究では、麻酔が多くの種類の癌の術後転帰に影響を与えることが示されている。ここでは、麻酔と待機的肝内胆管癌手術後の患者の転帰との関連性を調査した。 ・これは、2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに待機的肝内胆管癌手術を受けた患者を対象とした後向きコホート研究であった。患者は受けた麻酔、すなわち、プロポフ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の BIS 指標モニタリングと周術期の神経認知障害:系統的レビューとメタ分析

・周術期神経認知障害(PND)は、手術後の高齢患者によく見られる。BIS による麻酔が PND の発生に影響を与える可能性があることが報告されている。そこで、この系統的レビューとメタ分析を実施して、バイスペクトルインデックス(BIS)モニタリングと PND の関連性を調査した。 ・2 人の研究者が、PubMed、EMBASE、Co…
コメント:0

続きを読むread more

術後悪心嘔吐に及ぼす晶質液 vs 膠質液の影響:無作為化対照試験の系統的レビューおよびメタ分析

・適切な量の周術期輸液補充療法を実施することで、術後の嘔気嘔吐(PONV)の発生率を減らす可能性があるというエビデンスがある。ただし、PONV に及ぼす膠質液と晶質液の相対的な影響はまだ不明である。この系統的レビューの目的は、非心臓手術を受ける成人に膠質液を投与すると、晶質を投与する場合と比較して、PONV の発生率とレスキュー制吐薬の…
コメント:0

続きを読むread more

導入前チェックリストの使用は、麻酔担当者が思うよりも患者の不快感は少ない:観察研究

・WHO が 2008 年に「安全な手術が命を救う」プログラムをリリースして以来、周術期チェックリストはエラーを最小限に抑え、世界中の患者の安全性を向上させている。麻酔の専門家は、麻酔や術前に患者の不快感を引き起こすことを恐れて、患者の前でこれらのチェックリストを使用したがらない。本研究の目的は、術前チェックリストの使用に起因する患者の…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での脊椎手術後の術中低体温は急性腎障害の減少と関連している:後ろ向き観察研究

・低体温は虚血性傷害に対する保護効果があることが知られているが、腎障害に対する低体温の影響はまだ解明されていない。そこで、本研究は、全身麻酔下で脊椎手術を受けた患者における術中低体温と術後急性腎障害(AKI)との関連を明らかにすることを目的とした。 ・本後ろ向き観察研究では、2010 年 1 月から 2018 年 3 月までに待機…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の転子間骨折手術に対する気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神…

・高齢患者の転子間骨折手術のための最適な麻酔法に関するコンセンサスはない。著者らの研究は、高齢患者の転子間骨折手術に際して、気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神経ブロックの血行動態と周術期転帰を比較することを目的としている。 ・これは、挿管による全身麻酔(n=25)、脊椎硬膜外併用麻酔…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的前立腺切除術の回復の質に及ぼすクモ膜下ブピバカイン/モルヒネの効果:無作為化対照試験

・ロボット補助根治的前立腺切除術は、術後すぐに不快感を引き起こす。本無作為化比較試験は、全身麻酔に加えて、クモ膜下ブピバカイン/モルヒネが術後の回復の質に有益かどうかを調査した。 ・150 人の患者を、クモ膜下に 12.5 mg ブピバカイン/ 300μg モルヒネを投与した介入群(年齢 75 歳以上の患者では用量を 20% 減量…
コメント:0

続きを読むread more

鼻骨骨折の徒手整復後の成人におけるサクシニルコリンとロクロニウム-スガマデクスの覚醒時興奮の比較:前向き無作為化対…

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩からの迅速な回復を可能にする。サクシニルコリンはしばしば短時間の手術に使用されるが、筋肉痛、頭痛、ヒスタミン放出、乳酸値の増加に関連している。そこで、サクシニルコリンが覚醒時興奮(EA)に影響を与える可能性があるという仮説を立て、全身麻酔下で鼻骨骨折の徒手整復を受けた患者の EA に及ぼすサクシ…
コメント:0

続きを読むread more

マグネシウムとケタミンは、開腹肥満症手術後の早期モルヒネ消費量を減らす:前向き無作為化二重盲式試験

・肥満患者の最適な疼痛管理は早期回復に不可欠である。本研究の目的は、マグネシウムとケタミンの併用が、開腹手術後のモルヒネ消費量(主要転帰)、および術後疼痛スコアと副作用の発生に及ぼす影響を評価することである。 ・待機的開腹胃バイパス術を受けた合計 60 人の患者を 3 群に無作為に分けた。全患者が同じ全身麻酔プロトコルを受けた。マ…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術を受ける高齢患者におけるクモ膜下ブピバカインおよびブピバカイン+フェンタニルの効果

・研究の目的は、人工股関節全置換術(THA)を予定している高齢患者で、フェンタニルを併用したブピバカインとブピバカイン単独を用いた脊椎麻酔の臨床効果を調査および比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 4 月まで、中国湖北省武漢にある武漢大学人民病院麻酔科での実験的研究で、65 人の高齢患者を無作為に 2 …
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術を予定している病的肥満若年患者における抜管までの時間と早期回復に及ぼすドキサプラムの効果:無作為化比較試験

・肥満症手術は、肥満の確立された治療法である。肥満症手術後の術後呼吸不全と気道閉塞は、多くの場合、麻酔薬、鎮静薬、オピオイドの残存抑制効果に起因する可能性がある。病的肥満患者の周術期管理は、手術室の専門家にとって依然として懸念事項である。本研究の目的は、病的肥満の肥満外科手術後の全身麻酔の転帰に及ぼすドキサプラムの効果を評価を目時とした…
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックの 28 日死亡率を評価するための入院前ショック指数

・入院前の設定では、死亡リスクの高い敗血症性ショック(SS)の早期特定は、早期治療の開始と搬送先(救急科(ED)か、または集中治療室(ICU))の決定を目的としている。この前後状況では、状態悪化ののリスクが高い患者を早期に発見するために、重症度と死亡の予後尺度が必要である。本研究では、入院前のショック指数(SI)と移動型集中治療室(MI…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下肥満症手術の術後痛に及ぼす腹腔内ブピバカインの効果

・術後疼痛には多くの有害効果があり、適切に管理されない場合、広範囲の合併症を引き起こす可能性がある。オピオイドには、疼痛管理のために頻繁に使用される薬物であるが、特に肥満患者において、いくつかの重症の呼吸器および消化管の合併症がある。本研究で、著者らは、腹腔鏡下肥満症手術の術後疼痛に対する腹腔内ブピバカイン洗浄の効果を評価することを計画…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔に関連した歯牙損傷―後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に歯牙損傷が発生する場合がある。本研究の目的は、全身麻酔に関連する歯牙損傷の事例を、損傷の種類と程度、および認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。 ・デンマークの患者補償協会で利用可能な全国の電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷の…
コメント:0

続きを読むread more

妊婦に施行した脊椎麻酔中に 3 つの異なる向きで穿刺した脊髄針で硬膜後穿刺頭痛の発症に影響はあるか?

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔のよく知られた頻度の高い合併症である。脊椎麻酔針のサイズ、形状、脊椎麻酔針の穿刺特性と髄液リークとの関係は、議論の余地がある。 ・本前向き無作為化試験には、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた年齢 18〜45 歳の 300 人の患者が含まれた。坐位で L3-4、またはL4-5 で 26G Quinc…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける小児の脳波由来の疼痛閾値指数による血行動態反応性の予測:前向き観察研究

・疼痛閾値指数(PTI)は、全身麻酔中の統合された脳波パラメーターに基づく侵害刺激の新しい尺度である。ウェーブレットインデックス(WLI)は、鎮静の深さを反映している。本研究の目的は、小児患者の気管挿管と皮膚切開後の血行動態反応性を予測する PTI と WLI の能力を評価することである。 ・待機的一般外科手術または尿路手術を受け…
コメント:0

続きを読むread more

超肥満妊婦における L1-L2 間隙以上の不慮の脊柱管ブロックの留置:後ろ向き研究

・肥満指数(BMI)の増加は、脊柱管主義の困難度を増加させる。患者が不適切に高い硬膜穿刺のリスクにさらされる可能性があると仮定した。麻酔科医による超肥満妊婦の棘間レベル推定の正確性は研究されていない。BMI≧50kg/m2 の妊婦における、硬膜外および/またはクモ膜下カテーテルの不慮の留置(L1/L2 間隙以上)頻度を評価した。 …
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中にイソフルランとデスフルランで麻酔した患者の術後せん妄の比較:前向き無作為化対照試験

・脊椎手術後、さまざまな種類の吸入麻酔薬が術後せん妄(POD)を引き起こし、周術期/術後の合併症率を増加させる可能性がある。ここでは、イソフルランとデスフルランで麻酔した脊椎手術を受けた成人の POD の発生率を比較した。 ・脊椎手術を受ける患者を対象とした前向き無作為化二重盲式臨床試験が、60 人の成人(年齢 18〜65 歳)で…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
コメント:0

続きを読むread more

術前の長時間作用型オピオイド使用は、待機手術後の入院期間および再入院率の増加と関連している

・研究の目的は、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイドを処方された患者 vs オピオイド未投与患者の術後転帰を比較することであった。 ・都市部大学関連単施設での後ろ向きコホート研究で、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイド使用者とオピオイド未使用患者の術後転帰を後ろ向き的に比較した。入院患者と外来手術のコホートを別…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的頭蓋内術後に ICU入室した患者の術後せん妄の発生率と危険因子:前向きコホート研究

・術後せん妄(POD)は、大手術後の重要な合併症として確認されている。ただし、これまでの研究では、脳神経手術患者は通常除外されている。現在まで、頭蓋内手術後患者の POD および危険因子に関するデータは乏しい。研究の目的は、頭蓋内手術後患者での POD の発生率と危険因子を調査することであった。 ・中国北京にある大学付属病院の脳神…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔時の低血圧の予防と治療のための昇圧剤:胎児と母体の転帰のベイジアンネットワークメタ…

・帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔中に低血圧を管理するための昇圧薬の最適な選択は不明である。フェニレフリンはコンセンサスの選択肢として最近推奨されたが、フェニレフリンと他の保健設定で使用される昇圧薬との直接比較はほとんどない。そこで、この包括的なネットワークメタ分析で、著者らは、関連研究からのデータを照合することにより、間接的にこれを評…
コメント:0

続きを読むread more

外科系 ICU における周術期血清乳酸値と術後 90 日死亡率:後ろ向き関連性研究

・術前および術後の最高乳酸値と外科系 ICU 患者死亡率との関連性に関する情報は不十分である。研究も目的は、外科系 ICU 入室患者の周術期乳酸値と 90 日死亡率との関連を調査することであった。 ・三次大学関連病院単施設の ICU での後ろ向き回顧コホート研究で、2012 年 1 月から 2017 年 12 月までに ICU に…
コメント:0

続きを読むread more

術中ケトロラックの使用は、乳房手術での出血のリスクを増加させない

・非ステロイド性抗炎症薬の使用は、周術期の疼痛管理に効果的な補助剤である。マルチモーダル ERAS プロトコルの一環として術中ケトロラックを使用すると、乳房手術での出血合併症のリスクが増加するかどうかを調査しようとした。 ・乳腺腫瘤摘出術および乳房切除術を受けた患者を含む前向きコホート研究のサブセット分析で、術中ケトロラックを投与…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術のための持続神経ブロック vs 単回神経ブロック:無作為化対照試験からのメタ分析

・このメタ分析の目的は、膝関節全置換術(TKA)後、持続神経ブロック(CNB)が単回神経ブロック(SSNB)よりも優れた疼痛緩和と機能回復をもたらすかどうかを判断することである。 ・Embase、PubMed、Cochrane Library データベースが包括的に検索された。今回のメタ分析には、TKA 後の患者で CNB を S…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道の予測因子としての術前経鼻内視鏡検査:前向きコホート研究

・気管挿管が失敗した場合の転帰は壊滅的である可能性があり、したがって、困難を予測することは重要な問題である。難易度を予測するための最良の方法に関するコンセンサスはない。研究の目的は、挿管困難の予測における、経鼻的軟性内視鏡喉頭鏡検査(TFEL)の役割を評価することであった。 ・ミラノの三次大学病院、サンラファエレ病院での、術前 T…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のミルク入紅茶摂取後の胃内容排出の超音波評価:無作為化対照試験

・周術期の絶食ガイドラインにより、ミルクを含まない紅茶を含む清澄液を、手術の 2 時間前までに摂取することは許されている。最近のエビデンスは、清澄液に添加される適量のミルクは胃内容排出を著しく遅延させないことを示している。本研究の目的は、絶食妊娠患者で超音波検査を使用して、ミルク入り紅茶 vs 水でお胃内容排出を比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での非心臓手術後の早期 C反応性タンパク質値の予測

・C 反応性タンパク質(CRP)の術後増加の早期検出は術後合併症と相関する。本研究では、全身麻酔下に手術を受ける患者で、術前/術中因子と術後 CRP 値の関係を調査し、術後合併症の予防的管理のために、術後早期 CRP 値の予測モデルの開発と検証を行った。 ・多変量回帰分析を後ろ向き的に実施して、術後日(POD) 1 日目の CRP…
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術に際しての麻酔維持法と全静脈麻酔に関する麻酔科医の調査

・吸入麻酔と全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の全身麻酔の維持に使用される方法である。TIVA は出血量の減少と術野の改善に関連する可能性があるというエビデンスが増えているが、データは少数の副鼻腔手術症例でしか使用されていないことを示唆している。本研究の目的は、麻酔担当者の間で ESS の麻酔維持法に対する認識とアプ…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その60:サバ缶と玉ねぎのレンジ蒸し

ちょっと総菜が足りなくてさみしいときに、鯖缶を使ってお手軽に1品を追加。酒のつまみにも最適。器一つで 5 分の超簡単レシピ。 いつもは、鯖缶は味付き(味噌、醤油)を、野菜はもやしか、キャベツ、白菜を使うんだけど、水煮缶しかなく野菜も玉ねぎしかなかったので、水煮缶と玉ねぎを使って、甘酸っぱい感じの味に仕上げてみた。 【 材料 …
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンでのアナフィラキシーの発生率の比較:後ろ向き多施設観察研究

・スガマデクスによるアナフィラキシーの症例が報告されているが、その発生率は不明である。逆に、ネオスチグミンへのアナフィラキシーの発生率を評価した研究はない。 ・これは、2012 年から 2016 年までに全身麻酔下で手術を受けた患者の多施設共同後ろ向き観察研究で、日本の三次病院 4 施設でスガマデクスとネオスチグミンによるアナフィ…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無…

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。 ・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフ…
コメント:0

続きを読むread more

気道管理における上気道超音波の役割

上気道超音波は、疾患や外傷によって解剖が歪んでいても気道管理を評価するための、価値のある、非侵襲的で、簡便でポータブルなベッドサイド超音波(POCUS)である。超音波により、甲状軟骨、喉頭蓋、輪状軟骨、輪状甲状膜、気管軟骨、食道などの上気道の重要な超音波解剖を特定できる。この応用超音波解剖を理解することにより、臨床医は、挿管困難、ETT…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ捻転が挿管確認のための超音波の診断精度に及ぼす影響

・超音波は、挿管試行後の気管チューブ(ETT)の正確な留置を確認するために使用される、すぐに利用可能な方法である。ETT の位置確認の診断精度を向上させるために、ETT 操作を使用することについての研究は限られている。著者らの研究では、標準のグレースケール法下で ETT 捻転が超音波による挿管確認の精度に影響を与えるかどうかを直接評価し…
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室での自発呼吸試験を成功させるための PO2/FIO2 比と浅速換気指数の予測精度を比較する

・研究の目的は、集中治療室での抜管前の自発呼吸試験の成功について、PFR の予測精度を RSBI と比較することであった。 ・この横断的研究は、2017 年 7 月から 2019 年 1 月まで、中国のムルタン医科大学とニシュタル医科大学病院の心疾患研究所の ICU で実施された。PO2/FIO2と RSBI は、SBTの開始前と…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける患者における脊椎麻酔困難の解剖学的予測因子:観察研究

・脊椎麻酔は帝王切開を受ける患者にとって最も一般的で安全な麻酔法であるが、手術室では脊椎麻酔の穿刺困難に遭遇することがしばしばである。帝王切開を受ける患者で脊椎麻酔困難の予測因子を調査した。 ・脊椎麻酔下に待機的帝王切開を受ける、単胎、年齢 18〜40 歳、 ASA-PS I/II の、合計 110 人の妊婦を調査した。人口統計情…
コメント:0

続きを読むread more

小児における術前の清澄液絶飲持続時間と末梢静脈カテーテル留置:9,693 人の患者を対象とした単施設観察コホート研究

・小児は日常的に全身麻酔の吸入導入を受ける。静脈ラインの留置は通常、麻酔導入後に行われ、特に乳児や幼児では困難な場合がある。著者らは、麻酔小児で、清澄液絶飲時間と末梢静脈カテーテル挿入試行回数との間に関連性があるかどうかを調査するために、後ろ向き観察研究を実施した。副次目的は、静脈ラインの複数回挿入施行に関連する要因を特定することであっ…
コメント:0

続きを読むread more

個別化周術期肺解放換気戦略中の酸素が術後感染に及ぼす影響:無作為化比較試験

・著者らは、術中および術後の個別化肺開放換気アプローチの場合に、高い吸入酸素濃度(FIO2)を使用すると、腹部手術を予定された患者の手術部位感染(SSI)を減らす可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・2017 年 6 月 6 日から 2018 年 7 月 19 日まで、21 の大学病院のネットワークで多施設無作為化対…
コメント:0

続きを読むread more

股関節または膝関節置換手術を受ける患者の硬膜外麻酔に及ぼす従来型盲目法の補助としての術前超音波:無作為化対照試験

・膝関節置換術および股関節全置換術を受ける患者はほとんどが肥満であり、年齢 50 歳以上で脊椎骨棘形成や脊椎変形があるため、区域麻酔の従来の盲式法はより困難になる。本研究の目的は、膝関節または股関節全置換手術を受ける骨棘のある肥満患者で、技術的な難易度、臨床的有効性、安全性、患者の快適性の観点から、術前超音波スキャンの役割を従来の盲式法…
コメント:0

続きを読むread more

大動脈内バルーンポンプは、心臓手術を受ける高リスクの心疾患患者の脳血行動態および神経学的転帰に影響を与えない:IA…

・大動脈内バルーンポンプ(IABP)は、冠動脈灌流を改善し、後負荷を減らすために、心臓手術を受ける高リスク患者によく使用される。脳血行動態に及ぼす IABP の影響は不明である。そこで、「心臓手術を受ける患者の大動脈内バルーンカウンターパルセーション」(IABCS)試験で、術前 IABP を受けるか、受けないように無作為化された心臓手術…
コメント:0

続きを読むread more

臨床的確率に合わせた d-ダイマーによる肺塞栓症の診断

・後ろ向き分析により、肺塞栓症は、臨床前検査の確率が低い患者(C-PTP)では、d-ダイマー値が 1000 ng/mL 未満、中等度の C-PTP 患者では、500 ng/mL 未満で除外できることが示唆されている。 ・著者らは、C-PTP が低く、d-ダイマー値<1000 ng/mL か、または、中等度のC-PTP で d-ダイ…
コメント:0

続きを読むread more