大動脈内バルーンポンプは、心臓手術を受ける高リスクの心疾患患者の脳血行動態および神経学的転帰に影響を与えない:IA…

・大動脈内バルーンポンプ(IABP)は、冠動脈灌流を改善し、後負荷を減らすために、心臓手術を受ける高リスク患者によく使用される。脳血行動態に及ぼす IABP の影響は不明である。そこで、「心臓手術を受ける患者の大動脈内バルーンカウンターパルセーション」(IABCS)試験で、術前 IABP を受けるか、受けないように無作為化された心臓手術…
コメント:0

続きを読むread more

臨床的確率に合わせた d-ダイマーによる肺塞栓症の診断

・後ろ向き分析により、肺塞栓症は、臨床前検査の確率が低い患者(C-PTP)では、d-ダイマー値が 1000 ng/mL 未満、中等度の C-PTP 患者では、500 ng/mL 未満で除外できることが示唆されている。 ・著者らは、C-PTP が低く、d-ダイマー値<1000 ng/mL か、または、中等度のC-PTP で d-ダイ…
コメント:0

続きを読むread more