帝王切開を受ける患者における脊椎麻酔困難の解剖学的予測因子:観察研究

・脊椎麻酔は帝王切開を受ける患者にとって最も一般的で安全な麻酔法であるが、手術室では脊椎麻酔の穿刺困難に遭遇することがしばしばである。帝王切開を受ける患者で脊椎麻酔困難の予測因子を調査した。 ・脊椎麻酔下に待機的帝王切開を受ける、単胎、年齢 18〜40 歳、 ASA-PS I/II の、合計 110 人の妊婦を調査した。人口統計情…
コメント:0

続きを読むread more

小児における術前の清澄液絶飲持続時間と末梢静脈カテーテル留置:9,693 人の患者を対象とした単施設観察コホート研究

・小児は日常的に全身麻酔の吸入導入を受ける。静脈ラインの留置は通常、麻酔導入後に行われ、特に乳児や幼児では困難な場合がある。著者らは、麻酔小児で、清澄液絶飲時間と末梢静脈カテーテル挿入試行回数との間に関連性があるかどうかを調査するために、後ろ向き観察研究を実施した。副次目的は、静脈ラインの複数回挿入施行に関連する要因を特定することであっ…
コメント:0

続きを読むread more