気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ捻転が挿管確認のための超音波の診断精度に及ぼす影響

・超音波は、挿管試行後の気管チューブ(ETT)の正確な留置を確認するために使用される、すぐに利用可能な方法である。ETT の位置確認の診断精度を向上させるために、ETT 操作を使用することについての研究は限られている。著者らの研究では、標準のグレースケール法下で ETT 捻転が超音波による挿管確認の精度に影響を与えるかどうかを直接評価し…
コメント:0

続きを読むread more