困難気道の予測因子としての術前経鼻内視鏡検査:前向きコホート研究

・気管挿管が失敗した場合の転帰は壊滅的である可能性があり、したがって、困難を予測することは重要な問題である。難易度を予測するための最良の方法に関するコンセンサスはない。研究の目的は、挿管困難の予測における、経鼻的軟性内視鏡喉頭鏡検査(TFEL)の役割を評価することであった。 ・ミラノの三次大学病院、サンラファエレ病院での、術前 T…
コメント:0

続きを読むread more