麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術のための持続神経ブロック vs 単回神経ブロック:無作為化対照試験からのメタ分析

・このメタ分析の目的は、膝関節全置換術(TKA)後、持続神経ブロック(CNB)が単回神経ブロック(SSNB)よりも優れた疼痛緩和と機能回復をもたらすかどうかを判断することである。 ・Embase、PubMed、Cochrane Library データベースが包括的に検索された。今回のメタ分析には、TKA 後の患者で CNB を S…
コメント:0

続きを読むread more