股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的頭蓋内術後に ICU入室した患者の術後せん妄の発生率と危険因子:前向きコホート研究

・術後せん妄(POD)は、大手術後の重要な合併症として確認されている。ただし、これまでの研究では、脳神経手術患者は通常除外されている。現在まで、頭蓋内手術後患者の POD および危険因子に関するデータは乏しい。研究の目的は、頭蓋内手術後患者での POD の発生率と危険因子を調査することであった。 ・中国北京にある大学付属病院の脳神…
コメント:0

続きを読むread more