妊婦に施行した脊椎麻酔中に 3 つの異なる向きで穿刺した脊髄針で硬膜後穿刺頭痛の発症に影響はあるか?

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔のよく知られた頻度の高い合併症である。脊椎麻酔針のサイズ、形状、脊椎麻酔針の穿刺特性と髄液リークとの関係は、議論の余地がある。 ・本前向き無作為化試験には、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた年齢 18〜45 歳の 300 人の患者が含まれた。坐位で L3-4、またはL4-5 で 26G Quinc…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける小児の脳波由来の疼痛閾値指数による血行動態反応性の予測:前向き観察研究

・疼痛閾値指数(PTI)は、全身麻酔中の統合された脳波パラメーターに基づく侵害刺激の新しい尺度である。ウェーブレットインデックス(WLI)は、鎮静の深さを反映している。本研究の目的は、小児患者の気管挿管と皮膚切開後の血行動態反応性を予測する PTI と WLI の能力を評価することである。 ・待機的一般外科手術または尿路手術を受け…
コメント:0

続きを読むread more