肥満症手術を予定している病的肥満若年患者における抜管までの時間と早期回復に及ぼすドキサプラムの効果:無作為化比較試験

・肥満症手術は、肥満の確立された治療法である。肥満症手術後の術後呼吸不全と気道閉塞は、多くの場合、麻酔薬、鎮静薬、オピオイドの残存抑制効果に起因する可能性がある。病的肥満患者の周術期管理は、手術室の専門家にとって依然として懸念事項である。本研究の目的は、病的肥満の肥満外科手術後の全身麻酔の転帰に及ぼすドキサプラムの効果を評価を目時とした…
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックの 28 日死亡率を評価するための入院前ショック指数

・入院前の設定では、死亡リスクの高い敗血症性ショック(SS)の早期特定は、早期治療の開始と搬送先(救急科(ED)か、または集中治療室(ICU))の決定を目的としている。この前後状況では、状態悪化ののリスクが高い患者を早期に発見するために、重症度と死亡の予後尺度が必要である。本研究では、入院前のショック指数(SI)と移動型集中治療室(MI…
コメント:0

続きを読むread more