ロボット補助根治的前立腺切除術の回復の質に及ぼすクモ膜下ブピバカイン/モルヒネの効果:無作為化対照試験

・ロボット補助根治的前立腺切除術は、術後すぐに不快感を引き起こす。本無作為化比較試験は、全身麻酔に加えて、クモ膜下ブピバカイン/モルヒネが術後の回復の質に有益かどうかを調査した。 ・150 人の患者を、クモ膜下に 12.5 mg ブピバカイン/ 300μg モルヒネを投与した介入群(年齢 75 歳以上の患者では用量を 20% 減量…
コメント:0

続きを読むread more

鼻骨骨折の徒手整復後の成人におけるサクシニルコリンとロクロニウム-スガマデクスの覚醒時興奮の比較:前向き無作為化対…

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩からの迅速な回復を可能にする。サクシニルコリンはしばしば短時間の手術に使用されるが、筋肉痛、頭痛、ヒスタミン放出、乳酸値の増加に関連している。そこで、サクシニルコリンが覚醒時興奮(EA)に影響を与える可能性があるという仮説を立て、全身麻酔下で鼻骨骨折の徒手整復を受けた患者の EA に及ぼすサクシ…
コメント:0

続きを読むread more