喉頭手術のための低流量無呼吸酸素化:前向き観察研究

・喉頭手術では、手術条件を最適化するために、気道を共有し、外科医と麻酔科医との緊密な協力が必要である。無呼吸酸素化は、呼吸マスフローの原理を使用して、喉頭部の動きを最小限に抑えながら、無呼吸条件下で肺毛細血管血の酸素化を維持する。二酸化炭素の蓄積とその結果生じる酸性血症に関する懸念により、この手法の使用が制限されている。 ・著者ら…
コメント:0

続きを読むread more

消化管腹腔鏡検査を受ける患者の気腹関連血行動態変化に及ぼす硫酸マグネシウムの異なる投与量の影響:無作為化二重盲式対…

・硫酸マグネシウムの注入は、動脈圧を低下させ、気腹に対する循環動態反応を弱めることがよく知られている。本研究は、腹腔鏡下消化管手術を受けた患者で異なる用量の硫酸マグネシウムが気腹関連血行動態変化とバソプレシンの放出を効果的に減衰させる可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・腹腔鏡下胃部分切除術を受ける 69 人の患者を…
コメント:0

続きを読むread more