■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/01/08

MCQ15.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (c________) (s_______) : カルチノイド症候群

(2) (_______________e) : 降圧薬/降圧の

(3) (_____n) : 病変

(4) (m________) (a_______) : 代謝性アシドーシス

(5) (r_______) : 空嘔吐


[解答]
(1)carcinoid syndrome(2)antihypertensive
(3)lesion(4)metabolic acidosis
(5)retching


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(血液製剤) 血液と血液製剤の有効期間について正しいのはどれか。

ア:洗浄赤血球浮游液−−−製造後24時間以内

イ:冷凍血液−−−融解後18時間以内

ウ:新鮮冷凍血漿−−−製造後1年以内

エ:濃厚血小板(全血献血由来)−−−採血後72時間以内

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 洗浄赤血球は製造後24時間以内に使用する。冷凍血液はWHO基準では融解後24時間以内、安田によると12時間以内に使用する。新鮮冷凍血漿の有効期間は製造後1年以内である。濃厚血小板(全血献血由来)の有効期間は採血後72時間以内である。


[正解] (ア)、(ウ)、(エ) [出典] 第29回麻酔指導医認定筆記試験:B12




【問題3】(呼吸) 人工呼吸中の最高気道内圧は、肺の圧外傷を防ぐためにどれくらいに留めるべきか?
1) 40〜50cmH2O
3) 10〜20cmH2O
5) 30〜40cmH2O
2) 10cmH2O以下
4) 20〜30cmH2O


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 人工呼吸中の最高気道内圧は、肺の圧外傷を防ぐために30〜40cmH2O以下に留めるべきである。


[正解] 5 [出典] 内科レジデント実践マニュアルP88



【問題4】(麻酔薬) 吸入麻酔薬について正しいのはどれか?

ア:吸入麻酔薬による呼吸抑制では呼吸数は変化しない。

イ:デスフルランが含むハロゲン元素はフッ素のみである。

ウ:甲状腺機能低下症ではMACは低下する。

エ:麻酔中の乾燥ガスの吸入は、粘膜の線毛運動による気道浄化作用を低下させる。

オ:分子量はセボフルラン>ハロタン>イソフルラン>デスフルラン


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ×:吸入麻酔薬による呼吸抑制では用量依存性に1回換気量は減少し、呼吸数は増加する。
○:ハロタンは、ハロゲン元素としてフッ素、塩素、臭素を含んでいる。エンフルラン、イソフルランは臭素は含まず塩素とフッ素のみを、セボフルラン、デスフルランはフッ素のみを含む。
×:低二酸化炭素血症、高二酸化炭素血症、高カリウム血症、性別、甲状腺機能はMACに影響しない。
○:揮発性麻酔薬、乾燥した吸入ガス、人工呼吸、高濃度の酸素投与は、粘膜の線毛運動による気道浄化作用を低下させる。
○:分子量はセボフルラン(200)>ハロタン(197.5)>イソフルラン(184.5)>デスフルラン(168)の順である。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p65-71

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント