帝王切開分娩の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分には特徴付けられていない。本レビューの主な目的は、待機的 CD に際して、SGA は気管挿管よりも初回通過成功率が高く、挿入時間が短いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔(GA)下での待機的 CD において、気管挿管と比較した SGA 使用に関連する気道関連有害事象率を調査することであった。

・2019 年 9 月まで 6 つのデータベースを体系的に検索した。含めた研究は、気管チューブ挿管と比較した SGA の使用について報告している。RevMan 5.3 ソフトウェアを使用して、SGA と気管挿管の比較メタ分析を実施した。95% 信頼区間(CI)付きのオッズ比(OR)を使用して、二分岐評価項目が報告された。連続的評価項目は、95%CI 付き加重平均差(WMD)を使用して報告された。

・2236 人の患者を対象とした 14 件の研究で、SGA と気管挿管が比較された。全体として、初回試行の成功率に統計的に有意差はなかった(OR=1.92; 95%CI、0.85-4.32; I=0%、P=0.44)。挿入所要時間に臨床的に有意差はなかった(WMD= -15.80秒、95%CI、-25.30〜 -6.31秒、I=100%、P=0.001)。同様に、SGA 使用により咽頭痛は減少したが、それ以外の有害事象率に差はなかった(OR=0.16; 95%CI、0.08-0.32; I=53%、P<0.001)。

・このメタ分析で SGA の挿入成功率と安全面は妥当であることが示されたが、分析は依然として照明能力が不十分であり、したがって決定的ではない。現時点では、待機的 CD に際して第一線の気道として SGA の使用を推奨する前に、さらなる研究が必要である。

待機的帝王切開に際して、声門上気道器具は安全に使用できそうだが、まだ推奨できる程のエビデンスはないようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント