鼻中隔形成術を受ける患者における周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果:前向き無作為化二重盲式試験

鼻中隔湾曲症無題.png・リドカインの静脈内注入は、近年多くの外科的処置で術後鎮痛に使用されている。本無作為化二重盲式試験の目的は、鼻中隔形成術手術を受ける患者で周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果を調査することであった。

・年齢 18〜40 歳の鼻中隔形成術手術を予定している 48 人の ASA-PS I/Ii の患者は、2 群に分けられた。麻酔導入前に、リドカイン群(群L、n=24)の患者は、1.5 mg/kg リドカインの静脈内ボーラス注入を受け、その後手術中と術後 1 時間後まで 1.5 mg/kg/h の持続注入を受けた。対照群(C 群、n=24)の患者は、同じプロトコルに従って生食を投与された。術後期間には、50 mg のデキスケトプロフェントロメタモールが投与され、12 時間ごとに繰り返された。術後疼痛スコア、レスキュー鎮痛、術中オピオイド必要量、副作用が記録された。

術後疼痛スコアは、術後 30 分、1、2、4、8、12、24 時間で、C 群よりも L 群の方が有意に低かった(p<0.05)。術中レミフェンタニル消費量に群間差はなかった(p>0.05)。レスキュー鎮痛剤の使用は、L 群よりも C 群の方が統計的に有意に高かった(それぞれ 12/24 vs 1/24、p=0.001)。術後の悪心は、L 群よりも C 群の方が統計的に高かった(それぞれ 13/24 vs 5/24、p=0.017)が、他の副作用は 2 群で同様であった(p>0.05)。

・著者らは、鼻中隔形成術では、術中術後 1 時間の静脈内リドカイン注入の使用は、疼痛スコアと追加オピオイド使用の必要性を減らすことから推奨している。

リドカインの持続注入は術中術後の鎮痛効果がある。あまり侵襲の強くない手術ではオピオイド使用量を減らせるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント