■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/01/31

MCQ16.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (l____) (p_______________) : レーザー光凝固

(2) (e_____________) (l___) (a_____) : 体外式肺補助

(3) (a____) (r_____) : αリズム/α波

(4) (r____) (p_____) (f___) : 腎血漿流[量]

(5) (c_______) (t___________) : 冠動脈血栓溶解


[解答]
(1)laser photocoagulation(2)extracorporeal lung assist
(3)alpha rhythm(4)renal plasma flow
(5)coronary thrombolysis


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(外傷・出血・感染) 次の抗生物質のうち第3世代セフェム系に属するのはどれか?
1) CTM(Cefotiam)
3) CMZ(Cefmetazol)
5) CTRX(Ceftriaxone)
2) CEZ(Cefazolin)
4) LMOX(Latamoxef)


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] CEZ(Cefazolin)=セファメジンは第1世代セフェム、CTM(Cefotiam)=パンスポリンは第2世代セフェム、CMZ(Cefmetazol)は第2世代の中でもセファマイシン系、CTRX(Ceftriaxone)=ロセフィン、CZX(Ceftizoxime)=エポセリンは第3世代セフェムである。LMOX(Latamoxef)=シオマリン、FMOX(Flomoxef)=フルマリンは第3世代であるがオキサセフェム系として純粋なセフェム系からは別に分類される傾向にある。


[正解] 5 [出典] 手術直後の患者管理P50


■ Top 100 Secrets ■
Estimating volume status requires gathering as much clinical information as possible because any single variable may mislead. Always look for supporting information.

[Words & Phrases] ◆ variable [ve'эriэbl] : 計量値、変数、変量
◆ mislead [misli':d] : 誤った方向に導く、誤り導く


[出典]Anesthesia Secrets 3rd Edition




【問題3】(静脈麻酔) プロポフォール注入時の血管痛を和げる方法として有効でないものはどれか。

ア:リドカインの前投与

イ:リドカインの混合注入

ウ:ケタミンの前投与

エ:フェンタニルの前投与

オ:フルルビプロフェンアキセチルの前投与


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] プロポフォール注入時の血管痛への対策:(1)静脈路:太い静脈を用いる。(2)注入速度:ゆっくり静注。しかし、手背静脈からでは効果少ない。(3)温度:4度に冷却したプロポフォールを使用。(4)薬物:リドカインの前投与・混注、アルフェンタニル・フェンタニルの前投与、ケタミンの前投与などが有効とされている。フルルビプロフェンアキセチルの前投与は有効ではない。


[正解] (オ) [出典] LiSA4巻6号p547〜548(1997.06)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント