都市部の三次医療センターでの妊婦における分娩前重症高血圧と関連する分娩前後合併症

・妊娠高血圧症は、母体の合併症と死亡の主な原因である。急性重症高血圧は予後不良であが、治療はしばしば遅れ、普遍的ではない。 ・合計 654 人の患者が、妊娠高血圧障害が母体および胎児の罹患率に及ぼす影響を評価されて、3 群に分けられた:正常血圧(I 群、n=306)、非重症高血圧(II 群、n=248)、収縮期血圧が 160 以上…
コメント:0

続きを読むread more