小児患者の気管挿管のための筋弛緩薬:系統的レビューとメタ分析

・筋弛緩薬を使用して小児の気管挿管を補助することの利点は、試験のデザイン、治療、結果がばらついているため不明のままである。利用可能なエビデンスを併用することによって、著者らは科学的知見が一貫しており、さまざまな集団、設定条件、治療で一般化できるかどうかを確立することを目指した。 ・ASA クラス I-II の被検者(年齢 0-12…
コメント:0

続きを読むread more