入院の遅れは、高齢の股関節骨折患者の手術転帰の悪化と関連している:後向き観察研究

・高齢者の股関節骨折患者の死亡率と合併症率に及ぼす手術遅延の影響が広く研究されている。ただし、ほとんどの研究は、入院前の待ち時間を考慮せずに、患者がすでに入院している場合の手術タイミングにのみ焦点を当てている。そこで、本研究の目的は、手術転帰に及ぼす入院遅延の影響を調査することである。 ・本後ろ向き研究では、対象患者の入院のタイミ…
コメント:0

続きを読むread more

迅速回復プロトコルを用いた全関節形成術の術後転帰に及ぼす脊柱管麻酔の効果

・全身麻酔(GA)と比較して、脊柱管麻酔(NA)は、全関節形成術(TJA)後の転帰の改善に関連付けられている。迅速回復プロトコルが確立された施設で、患者の転帰に及ぼす NA の影響を調査した。 ・これは、2015 年 7 月から 2018 年 6 月までに行われた 5914 例の連続した初回 TJA についての単施設後ろ向き分析で…
コメント:0

続きを読むread more