腹部手術中の硬膜外麻酔の安全性を評価するための脳酸素飽和度の測定

・近赤外分光法(NIRS)は、脳の酸素需要と供給のバランスの信頼できる評価方法と見なされる。広範な腹部外科手術中に適用される麻酔の形態の 1 つは、硬膜外麻酔である。全身麻酔に加えて、その併用は、腹部手術を受ける患者の麻酔の一般的に受け入れられている形式である。本研究の目的は、硬膜外ブロックが全身麻酔下で腹部手術を受ける患者の脳酸素飽和…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術前タンパク尿と術後急性腎障害:NARA 急性腎障害コホート研究

・術前タンパク尿と非心臓手術における術後急性腎障害(AKI)の関連についてはほとんど知られていない。 ・これは後ろ向きコホート研究である。2007 年から 2011 年に奈良医科大学病院で全身麻酔下に非心臓手術を受けた成人が含まれた。産科または泌尿器科の手術、分析のためのデータの欠落、あるいは術前透析の患者は除外された。暴露因子は…
コメント:0

続きを読むread more