全血の凝固能低下は、重症敗血症患者の 28 日死亡リスクが高いことと相関している

・凝固能低下と血小板機能障害は、敗血症における死亡の高いリスクに関連付けられている。著者らのコホート研究の目的は、敗血症による凝固能低下(ROTEM で評価)と血小板機能障害(MULTIPLATE で評価)が、29 日から 90 日の間に死亡した患者と比較して、28日以内に死亡した敗血症患者の方が不良であるかどうかを判断することであった…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔に際しての正中アプローチと傍正中アプローチによる、新規発症の術後腰痛の発生率

・硬膜穿刺後腰痛(PDPB)に及ぼす麻酔法の効果は特に評価されていない。本研究の目的は、PDPB の発生率と重症度を正中アプローチと傍正中アプローチ間で比較することであった。 ・患者を、無作為に正中(M 群、n=50)か、または傍正中(P 群、n=50)のいずれかのアプローチによる脊椎麻酔を受けるようにした。患者毎の穿刺試行回数、…
コメント:0

続きを読むread more