オフポンプCABG手術における術後出血の減少におけるトラネキサム酸とεアミノカプロン酸の有効性の比較:前向き無作為…

・オフポンプ冠動脈バイパスグラフト(CABG)手術は、組織プラスミノーゲン活性化因子の放出による線維素溶解の増加が示されている。オフポンプ CABG 手術で利用可能な 2 種類の抗線溶薬(トラネキサム酸とεアミノカプロン酸)を比較した試験はない。本研究の目的は、トラネキサム酸とε-アミノ-カプロン酸の有効性を、主要評価項目としての 4 …
コメント:0

続きを読むread more