中程度〜大きな非心臓手術を受ける高齢のアジア人患者における術後 1年の死亡率を予測する因子 -後ろ向きコホート研究

・短期的周術期転帰は欧米の手術集団でよく研究されているが、本研究の目的は、非心臓手術後の アジア 人手術集団における周術期 1 年死亡率とその関連要因を調査することである。 ・2015 年 1 月から 7 月まで、大学付属三次病院で非心臓手術を受けた年齢 45 歳以上の患者 2163 人を対象にした後ろ向きコホート研究を実施した。…
コメント:0

続きを読むread more