アデノイド扁桃摘出術を受ける小児の術後呼吸器合併症の予測因子

・閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、一般にアデノイド扁桃摘出(AT)で治療され、周術期呼吸有害事象(PRAE)のリスクをもたらす。著者らは、AT を受ける小児の PRAE の臨床的および睡眠ポリグラフの予測因子を同時に特定することを目指した。 ・2010 年 1 月から 2016 年 12 月までに入院中にあらかじめ睡眠ポリグラフ検…
コメント:0

続きを読むread more